2017年03月30日
秋津 智幸

マンションをリノベーションして売却価格アップ!?

秋津 智幸

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

昨今、不動産価格の上昇に伴って、新築マンションに比べ価格の安い、中古マンションの内装を大幅にリフォームしたリノベーションマンションが人気となっています。リノベーションマンションは、ある程度築年が経っているため、共用部分に新しさはないものもありますが、室内は新築同様あるいはそれに近い状態になっています。市場に出ているリノベーションマンションは、不動産会社が中古マンションを安く購入し、大幅にリフォームして販売しています。そうなると「自分でリノベーションすれば、マンションが高く売れるのではないか」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。




自分でリノベーションマンションにできるか
結論としては可能です。ただし、いくつか条件が必要になります。

まず必要になる条件は、「その部屋を空室にできるか」ということです。大規模なリフォームを行うことになりますから、その部屋を空けなければなりません。すでに新居へ引っ越した後に売却するという方ならこの条件は大丈夫ですね。


次に必要なものが、「時間とセンス」です。リフォームには、工事業者との打ち合わせや現地確認など思った以上に「時間」が必要ですが、リノベーション(大規模リフォーム)となれば、その時間は大幅に増えます。さらに、リフォームに使う素材や色など他人から見て購入したいと思ってもらう「センス」も必要になります。もちろん、予算にも限りがありますから、コストも意識しなければなりません。
お金と手間と時間をかければ、リノベーションマンションにすることは可能です。手間暇かけて実際に、自分で自宅マンションをリノベーションした方はたくさんいらっしゃいます。



リノベーション後の売値がコストと労力に見合うか
不動産会社がリフォームを行う場合、自社で行う会社もあれば、提携している工事会社に依頼するところもありますが、いずれにしても不動産会社には一般個人と比べて安い「業者価格」でリフォームできるというメリットがあります。一般の個人が単発的に行う工事では、やはりどうしても高い工事金額になってしまいます


また、個人がリノベーションを行う場合、仕事ではないため、夜間や休日といったプライベートな時間を割くことになります。リノベーションなどモノづくり的なことが好きであれば、楽しみながらできるかもしれませんが、そうでなければ、かなり苦しい作業になってしまいます。しかも、売却時にはそうした手間暇は評価されず、あくまで完成したものだけが査定の対象となります。



個人がリノベーションして販売しても労力に比べて高く売れるとは限らない
個人が自宅をリノベーションし、売却することはできますが、リノベーション前の状態で売却した場合と比べ、リノベーション後に売却した価格がその労力に見合ったものとなるとは限りません
そこで、個人の方がリノベーションしてご自宅を売却する場合は、キッチンやバスルームなどの水回り、クロスや建具などの使用感が目に留まる箇所を必要最低限リフォームするようにしてあまりグレードに力を入れず、費用対効果を極力意識する方が得策です。
それでも大変であることは変わらないので、無理は禁物です。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 344

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧