2017年02月23日
青田 京子

住宅ローンが払えなくなったときの競売について

青田 京子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

みなさま、いかがお過ごしですか?北海道在住の青田です。

テレビのニュースでは「暗殺」、「毒殺」なんて言葉が出ていますが、恐ろしいですね。

そんな言葉とは無縁でありたいものです。


さて、今回は住宅ローンが払えなくなったときの競売についてお話したいと思います。

住宅ローンを組んで夢のマイホームを購入したとしても、支払いができなくなったとしたら、マイホームがお荷物になってしまうかもしれません。

住宅ローンが払えないのに、そのまま家に住み続けることはできません。なぜなら住宅ローンを組むときに金融機関は土地や建物に抵当権を設定するからです。この抵当権があるため、返済が滞った場合には土地や建物を返済金の代わりに差し出さなければいけません

返済が滞っているのに何もしないでいると、競売にかけられます。競売によって売却が決定すれば強制的に追い出され、突然住む場所を失うという事態に…。


競売で売買された場合の価格は、相場よりも2~3割低くなるのが普通です。そのためローン残高から差し引かれたとしても、借金が多く残ってしまいます。その借金も一括での支払いを要求されます。

注意していただきたいのは、競売にかけられたからといって、ローン残高がゼロになるわけではないということです。

売却された金額はすべて、返済に充てられるので引っ越しの費用はありません

競売にかけられると、競売物件として情報がチラシや新聞、インターネットによって世間に出てしまうので、親戚や会社、ご近所などにも知られてしまいます

残った借金の一括返済ができなければ、給料を差し押さえもされるでしょう。


競売にかけられると何もいいことはありません。売却されるのをジッと待つしかなく、見通しを立てることができません。先ほど売買価格が2~3割下がると話しましたが、売れないとさらに価格が下がる可能性もあり、借金が大きく減らない場合もあります。そうならないために、競売にかけられる前に任意売却でローン残高を多く減らすことをおすすめします。

任意売却については次回お話しましょう。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 368

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧