こんにちは!
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。



1月も中旬になり、寒い日が続きますね。
暖かくしてお出かけしましょう。



でも、お財布の中が寒いのは寂しいですよね(笑)





「2015年総務省統計局発表」による60歳以上の高齢無職世帯の支出の平均の記事を読みました。



「2人以上の世帯で世帯主が60歳以上の高齢無職世帯の支出の平均は、24万7815円。


高齢者になったら、夫婦2人で月25万円の生活費がかかると見ておいた方がよいでしょう。」



という内容でした。



内訳を見ると、
住居費は1万7500円。


ローンが残っていたり、住まいが賃貸の場合は、この金額ではとてもじゃないですが、賄えないです。



そうすると、生活費は30万円を超えてくることになります。



老後の生活を大きく左右するのはまぎれもなく住居費です。



住宅ローンを支払い終えるのが、70代だとどうしますか?



定年になった後もローンを支払い続けることになります。



年金も当てにならず、「収入ー支出」がマイマスになってしまう可能性も高いです。



これが、今問題になっている「老後破産」です。



住宅ローンは定年前、できれば50代初めで完済してしまいたいところです。



繰り上げ返済をしたり、安い金利に借り換えたりして、早期に返済を終わらす。



もしそれが無理な場合は、売却も視野に入れる。



歳を取って持ち家がないのは不安ですが、定年後のことを見込んで、早期に売却し、もう一度家計を見直す。



今は中古マンションの売れ行きが好調です。



今のうちにもう一度、将来の家計のシミュレーションをしてみましょう。



また、もう一つ大切なことは、収入を本業だけに頼らないという考え方です。



今はサラリーマンでも副収入を得る色々な方法があります。



不動産投資をはじめ、株やFX。
週末起業や、メルカリ、せどりなどなど・・・



ちなみに「メルカリ」というのは、スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリのことです。



いらなくなったものが高く売れたり、また安く買って高く売ることで収入が得られます。



自分に合った方法で、最低3か所から収入が入るようになれば、一生豊かな生活を送ることができると思います。



これからは自分の身は自分で守る時代なのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1076

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧