2016年10月01日
浅井佐知子

入居者がいるまま売却するか?退去してから売却するか?

浅井佐知子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

こんにちは。
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。


皆様は、賃貸にしている3DKのマンションを
売却しようと思った場合、
入居者がいるまま売るのと、
入居者が出てから売るのとでは、
どちらが高く売却できると思いますか?




転勤などで自宅を賃貸にしていたけれど、
転勤先に自宅を購入したため、
売却したい。


もしくは離婚後、
しばらく賃貸にしていた戸建を売却したい。


この場合、


「入居者が住んでいるまま売却するのがいいか、
もしくは退去してから売却するのがいいか。」


という質問をよく受けます。


答えは、


入居者が出てから売却した方が、
高く売れます。


なぜなら、賃借人がいるマンションは、
今すぐ入居することができないからです。


かといって投資用と考えた場合、
ファミリータイプは利回りが低く、
あまり効率の良い投資とは言えません。


*単価と総額の関係から、
同じマンション内でも、6坪の1Kと
20坪の3LDKを比べると、坪単価は
6坪の1Kのほうが高く貸せるのです。


このように、自用としてはすぐに使えず、
投資用としては利回りが低く
魅力的でないマンションは、
安くならざるを得ないのです。


したがって入居者が出てから
売却することをお勧めします。


そのためには、
賃貸借契約を結ぶときに、
「定期借家契約」にすることが
重要です。


定期借家契約は、貸主に、
「正当事由」がなくても、
契約で定めた期間が満了することにより、
賃貸借が終了します。


立ち退き料もかからず、
スムーズに退去してもらえます。


逆に言うと、入居者付きの
ファミリーマンションを安く買い、
入居者が出たら高く売る、
もしくは自宅として住む。

賢い買い方だと思います。
ちょっとした工夫で、
高く売ることも
安く買うこともできるんです。



そのためには、いろいろ学んでくださいね♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1116

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧