こんにちは!
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。



皆様は中古マンションの価格が上昇しているのを知っていますか?



不動産の価格はリーマンショックが起きた2008年を境に右肩下がりの時期が続いていましたが、



2012年の終わり、いわゆるアベノミクスが始まるころから、徐々に上げ始めました。



特にその傾向は、投資用不動産と中古マンションに堅調に表れています。



「レインズ月例マーケットウオッチ」によると、東京都、中古マンションの底は2012年10月でした。






ここから2017年2月まで小さな下落はありましたが、ほぼ1直線で価格は上げています。



築15年以内のマンションは、新築時よりも値上がりしている物件さえあるようです。



特に、


★ 駅から近いマンション
★ 大手デベロッパーが建てたブランドマンション
★ タワーマンション


などは人気が高く、品薄状態が続いています。



反対に古いマンション、1981年に施行された新耐震基準よりも前に立ったマンションは、



今後も大きな地震が来る可能性が高いことなどから、売りずらくなっているように感じます。



マンションを購入する場合は、値崩れの起きにくい、資産価値の高い物件を選ぶのがお勧めです。



同じ価格で売却できるのなら、住んでいた期間の賃料が丸々浮くことになりますから。



ところで、昔から、買うなら「戸建か?マンションか?」という議論もありましたが、



都心に限って言うと、今はマンションのほうに軍配が上がっているように感じます。



戸建は、建物の価値が急速に低くなり、20年も経つとほぼゼロ評価になってしまいます。



戸建市場は新築がたくさん建つこともあり、中古市場があまり活性化されていません。



日本の住宅流通量に占める中古住宅の比率は約15%であり、


・ 米国(83%)
・ 英国(87%)
・ フランス(68%)


などと比べても著しく低い数字です。



今後は、高品質の中古住宅を対象にした認定制度などができるようですが、



中古マンションのように、「10年後も買った価格と同じ値段で売れる」ようでなければ、



やはり利便性が高く、防犯上も安全なマンションを選ぶ人が多いと思います。



だから、今の不動産市場でも、戸建ては、いまいち値上がりしないのだとも言えます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1187

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧