こんにちは!
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。


皆様は所有している不動産が、
事故物件になってしまった場合、
その後、どのように処理をしたら良いと思いますか?




事故物件と言うのは、
過去に、「自殺や殺人事件、火災による死亡事故」
があった物件のことです。


例えば賃貸で貸していた不動産の入居者が、
部屋の中で自殺をしてしまい、
事故物件になってしまったという例は
良く聞きます。


事故物件は、貸すにしても売却するにしても
次の借主や買主に事故があった事実を
告知する義務があります。


「いつまで告知する義務があるのか?」


この辺は弁護士さんに確認してもらいたいのですが、
判例を見ると、意見が分かれているようです。



「5年~10年は告知義務あり」という意見が多かったですが、
「告知義務に期限なし」という判例もあるようです。


事故物件は、
都心よりも地方のほうが減価率が高くなります。



都心では家賃も売却価格も、
2割~3割程度値引きすると、
すぐに次の買い手や借り手が見つかります。


地方は人のうわさがずっと残っていたり、
そもそも物件が余っていたりして、
売却できない場合も多いです。


以前、都心のファミリータイプの部屋で、
自殺があったのですが、
その後、2割引きで借主の募集を行なったところ、
4番手まで付いたという話を聞きました。



都心はあまり気にしない人が多いという証拠です。


ところで、所有不動産が不幸にも事故物件になってしまった場合、
その後どういう風にしたら良いのでしょうか?


出口戦略はいくつか考えられます。


1.「告知義務」がなくなるまで、
2割引きぐらいの賃料にして、
賃貸で貸し続け、その後、売却する。


2.早く処分したい場合は、
市場価格よりも2割~5割くらい
安い価格で売却する。


3.出口は考えず、賃貸にしてずっと所有する。


4.更地にして売却(ただし、更地にしても告知義務が発生する場合もあるようです)。


処分の仕方は、事故物件が戸建なのか、
区分マンションなのか、
1棟投資マンションなのかによっても
変わってきます。


また、予防策としては「保険」に入ることです。
家賃収入の損失を補償してくれます。


日ごろから生死にかかわっている看護師さんや、
家賃の安さを第一に考える方たちは、
事故物件をあまり気にされないようです。


物件の近くに病院などがあったら、
募集図面を持って行くのも良いかと思います。


いづれにせよ、今は事故物件をネットで調べられる時代です。


<大島てるサイト>
http://www.oshimaland.co.jp/


皆様の所有している不動産が、
不幸にも「事故物件」になってしまった場合の「出口戦略」
と予防(保険)、頭に入れておくとよいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子




  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 2763

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧