こんにちは!
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。


皆様は地面師の手口を
知っていますか?





地面師というのは、
「他人の土地を自分のもののように
偽って第三者に売り渡す」
不動産の詐欺師のことです。


最近、この地面師による
詐欺が増えているようです。

しかも騙されるのが不動産のプロ
が多いというから驚きです。


先日もデベロッパー業者が
騙されたという記事が載っていました。


昔の地面師は、
法務局にある手書きの登記簿を書き換えて、
詐欺をはたらいていましたが、

最近は偽造どころか、
まったく同じ物をつくれてしまうそうです。

たとえば3Dプリンターを使って
実印を作り、本物と見分けがつかないほど
精巧な書類を偽造するのです。


私も以前関わった鑑定の仕事で、
謄本を見ると
明らかに不自然な取引をしている
不動産に出会ったことがあります。


事情を聴いたところ、
「地面師に騙された。」
とのこと。

今、裁判で係争中だということでした。

地面師の特徴として、

「急いでいる」
というのがあるようです。


「とにかく急いでいる。
早く決済をしてほしい。」

という依頼です。


話は少しそれますが、
鑑定士が鑑定の依頼を受けるときも同じです。


鑑定の依頼は、
一見のお客様から受けることはまれで、
ほとんどは税理士さんや弁護士さんからの
「紹介」です。


ただ最近はホームページから
ご依頼を頂くことも多く、
とてもありがたいことではありますが、
少し注意が必要だと、
先輩のベテラン鑑定士から
アドバイスを受けました。


「とにかく急いでいる。
報酬は高くて構わないから、
できるだけ早く完成してほしい。」


という依頼は注意が必要だということです。


・評価書が何に使われるかわからない
・評価する不動産がいつの間にか違っている


など、最悪の場合、
「不当鑑定」をしてしまう可能性が
あるということです。


地面師を含め、どの世界も、

「とにかく急いでいる!!」

という一見のお客様には、

「なんかおかしい?」

という嗅覚を研ぎ澄ますのが
自分の身を守る
一番確かな方法だと思います。


でもプロでも騙されてしまうなんて!
恐ろしいと思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子





  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 2891

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧