2017年03月29日
あさの

不動産売却で知っておきたい専門用語!専属専任媒介契約って何?その2

あさの

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

まさかのおそ松さんカフェの話が長くなってしまったために、今回持ち越しとなった「専属専任媒介契約」の2回目です。ちなみにおそ松さんファンは小学3年生の子どものほうで、私の方ではありません。本人は大ショックだったようですが、カフェをあきらめた後東京駅に向かい、そこでグッズを手に入れたのでそれほど落ちこんでもいなかった…ということにしておいて。さて。



専属専任媒介契約では、不動産業者が売却物件に関して媒介の権利を持っています。しかも専属専任なのでかなり強力です。ということは、もちろん規制という名の義務も発生します。まずひとつめが「有効期限」。専属専任媒介契約は最長で3ヶ月間のみと決められています。3ヶ月を超える契約はできません。ただし更新は可能で、売主が申し出、さらに不動産業者が許諾した場合においてです。自動更新はしないので、期限が切れてさらに同じ不動産業者にお願いしたいのなら、もう一度契約を結びなおします。


ふたつめが「不動産流通標準情報システム」通称レインズへの登録です。これは不動産情報をお互いに交換するネットワーク・システムのことで、国内を4か所に分けています。運営しているのは国土交通大臣によって指定されたそれぞれ4つの不動産流通機構です。専属専任媒介契約を結んだ不動産業者は、不動産情報を契約の締結日から5日以内に登録しなくてはなりません。レインズへアクセスできるのは不動産業者だけで、一般の売主はアクセスすることができません。しかし登録証明書がレインズから発行されるので、不動産業者から登録証明書を受け取ることができます。


最後が「状況報告」です。依頼した不動産がどういう状況にあるのか、気になりますよね。そのため専属専任媒介契約を結んだ不動産業者は、依頼主に文書で週に1回以上、業務の処理状況を報告しなくてはならないのです。

もちろん媒介契約は専属専任媒介契約だけではありません。もう2種類の媒介契約があるので、次回はそちらについてお話していきましょう。では。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 277

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧