2017年04月07日
asasei

マンションの売り時はいつ?高く売れる物件の特徴を知りたい

asasei

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

住む方の個性が反映されやすい戸建てと比べると、マンションの場合は間取りなどがほぼ決まっていて、部屋割を変更するための内装工事の内容も、規約によって制限されていることが多いです。


こうしたマンション、高く売れる時期や上手に高い値段で売るコツはあるのでしょうか。



1.人の異動が集中する春先は売りやすい?


春先は、人事異動や就職など、その年の1つの節目の時期となっていることが多いです。転居や引っ越しが集中する時期でもあります。


この時期に、マンションはよく売れるのでしょうか。住まいへの需要は高まるようですが、マンションの買い手の需要が高まるかというと、そうでもないようです。むしろ、賃貸の需要が高まることの方が多いようです。


マンションを売る場合は季節や時節よりも、不動産市場の動向から、高値で取引されている時期を選ぶ方が良いようです。



2.物件選びは重要


マンションをマイホームとする場合、将来の売却を考えて物件を選んでおくほうがいいでしょう。例えば、築年数の古いマンションは安い値段で買えるとしても、将来に求められる住宅性能を満たしていないことが多く、その場合は売却が難しくなる可能性があります。


住宅性能の例として、例えば耐震性といった安全な安心に関係する基本的なものから、省エネ性やバリアフリー性など、将来の使い勝手を良くする対策が講じられていれば、対策が講じられていない物件よりも売却が容易だと思います。



3.マンションならではのポイント


戸建て住宅の場合と、マンションの違いは何でしょうか。それは、前者が全て専有部分であるのに対し、後者は専有部分と共有部分があるということですね。他のマンションとの差別化を図る上で、この共有部分の充実している物件を買っておくということは、将来の売却をスムーズにするためのポイントとなります。


例えば、監視カメラが必要な台数設置されている、火災や自然災害に対応するための防災センター24時間稼働している、などといった安心や安全面を強化しているマンションは、どのような時代になっても買い手のニーズは高いと思います。



4.まとめ


将来のマンションの売却を考えて、物件を購入しておくという姿勢があれば、安く買い叩かれるということは少なくなると思います。そのためには、将来に求められる住宅性能が備わっているか、共有部分は充実しているかなどを、物件選びの時点でよく吟味しておくといいでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 524

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧