2017年04月10日
asasei

不動産の売却の結果を左右?2つのポイントを解説

asasei

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産は買う時に比べると、売る時は難しいと言われています。その要因に、取引する相手がいるということがあります。買う時は、買う人の意思だけでいいのですが、売る時は、買ってくれる人の事情を考える必要があります。

このように考えると、不動産の売却には一定のノウハウが必要ですが、一般の人はそうしたノウハウが少ないでしょう。



1.不動産の売却、成功と失敗の分かれ目


不動産の売却のノウハウがない、一般の人にお勧めしたいのは、実際に不動産を売却した人の事例を研究することです。今はインターネットを使えば、キーワードを入力するだけで、ブログなどでいくつも事例を調べることができますね。


実際に私が調べて見たところ、不動産の売却に関して、成功と失敗の分かれ目に2つのポイントがあることがわかりました。もっと調べると、さらに多くのポイントが見つかりそうですが、とりあえずご紹介すると、ポイントは次の2つです。


・売却のタイミング

・プロのアドバイス



2.売却のタイミング


住み替えを目的とした不動産の売却は、タイミングが重要です。売却が早すぎると、仮住まいを探さなければならなくなり、新規物件の購入が早すぎると、現在の物件にローンがある場合は、二重のローンを抱えてしまいます。理想は、現在の住まいを売却してローン完済と新規物件購入に要する資金を、可能な限り調達することです。そのためには、現在の住まいが高く売れる時期をよく吟味することがポイントとなるでしょう。



3.プロのアドバイス


現在の住まいが高く売れる時期をよく吟味するといっても、不動産の専門家ではない一般の人が、不動産市場の情報を集めたり、分析する上での必要な知識がある場合は少ないでしょう。こうした点を補うのが、プロのアドバイスです。具体的には、不動産の売却に精通した専門家や事業者に相談し、的確なアドバイスをもらって判断するといいでしょう。こうした専門家や事業者の選定には、実際にアドバイスを受けた方の評価、口コミが掲載されているブログや、口コミサイトなどが参考になります。



4.まとめ


不動産の売却のタイミングの良し悪しによって、売却が成功するかどうかの分かれ目になるということをおさえておいて、頼れる専門家を探して、適切な助言を受けるというのが、不動産の売却を成功に導くカギかもしれません。注意したいのは、「高く売りたい」という気持ちが強すぎて、売却のタイミングを逃してしまうことです。そうしたことにならないように、売り時と判断した場合、ある程度の値引きは容認することが必要ですね。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 330

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧