2017年02月27日
ブラックラブラ

自己資金だけではなく「建築協力金」を上手に活用する

ブラックラブラ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

主要幹線道路脇に土地を所有しているけれど、自分は家もあるし、かといって駅から少し離れている場所のために賃貸物件を建てても恐らく人気がないだろうなぁ…という土地をお持ちの方、必見です。自己負担を極力減らしてリスクをかなり軽減させ、土地活用が出来る方法があることをご存知でしょうか。

 

店舗を希望する業者の落とし穴とは


戸建てを建てる際にも住宅ローンを組む人がほとんどだと思いますが、マンションやアパート、さらに店舗などに置いても同様です。もちろん、戸建てとマンションでは、最初に融資してもらう額が全然違いますが。いずれにしても、冒頭で述べたように賃貸物件は難しい…となれば、店舗に使える建て物を建てて、そこを借りたいという業者に入ってもらう、という方法なら、土地を活用することが出来ます。所有している土地は、主要感染道路脇にあるのですから、恐らく、色々な業者が先を争って確保しようとするかもしれません。もちろん土地だけを貸して、建て物はそこに入りたい業者に建ててもらうという方法もあります。ただ、これではその業者が出ていってしまった場合、その後の活用方法が、かなり絞られてしまいます。なぜなら、業者が自分で建てるということは、自分の会社の事しか考えていません。つまり、契約終了となった後に何かしら使える建て物を建ててくれるかどうか、ということなど、全く保障されていないのです。ですから、自分で建て物を建てて、そこに入ってもらう方法がベストです。ただ、最初にかなりの自己資金を投入しなければなりませんので、それがデメリットです。

 

いよいよ裏技「建築協力金」


そこで、あらかじめその土地を利用したいという業者を見つけておいて「建築協力金」を差しいれてもらう、という方法をとることが出来ます。簡単にいえば、金利のつかない融資と同じです。業者から出していただいた分は返済する必要がありますが、土地を貸している賃料を割り引く、という方法で「行って来い」の形式をとれば、わざわざオーナー側から資金を動かす必要がなくなります。業者の側も、お店の売上を上げなければオーナーに賃貸料が払えませんし、その中から自分達が出資した額を返してもらうのだとすれば、より精を出して営業してくれるものです。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 159

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧