2017年03月08日
ブラックラブラ

不動産を所有している人の節税方法

ブラックラブラ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

今の日本では、土地を所有したとしてもメリットにつながることは少なく、かえって固定資産税などの税金がかかってしまい、金喰い虫となってしまうことがあります。というよりも、そちらの割合の方が多いほどです。しかし、ごく限られた人達にはなりますが、土地や建物の不動産を所有し、上手に運用して利益を上げている人がいることも確かです。どうせなら、利益を上げて勝ち組に入りたいものですが、それぞれのケースにおいて複雑な事情が絡み合っているものなので、どこからが勝ち組でどこからは危険…という仕切りはありません。ただ、傾向としてアドバイス出来ることはあります。

 

家賃収入があまり得られていない賃貸物件のケース


賃貸物件の経営をする際、注意したいのは色々な事情が複雑に絡み合っているということです。ですから、単に駅に近いからとか、人通りが多いから…などの理由で賃貸物件を建てることはお勧めできません。最近の傾向として、品質もそれなりで高価なものよりもネタとなるものにお金を使う人達が多くなっています。ですから、その賃貸物件に何かしらの付加価値を感じた時、人々は大胆にお金を使うかもしれません。不動産でこの付加価値を求めるのはなかなか厳しく、しかも住宅街となってしまっている場所では、収入増を諦めざるを得ないかもしれません。こうなった場合は、早めに手放す決断をし、それを行動に移すことで支出を抑えることが出来ます。

 

不動産を複数所有していて家賃収入が多いケース


うらやましい事に、冒頭で述べたようにわずかではありますが勝ち組が存在します。そのような人たちは、なんとかして所得税を減らしたいものです。所得だけあげても税金でもっていかれてしまうだけですから、そういう時はオーナーとは別に、同族の中で法人を設立すると良いかもしれません。オーナーが所有する不動産を、設立した同族法人に貸すという形式(定期借地契約)をとることで、その不動産からの収入は同族法人のものとなります。そして、法人はオーナーに対して地代を支払い、さらに法人内の同族役員に対して給与を支払う訳です。そうすれば、所得額を各段に減らすことが出来ます。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 140

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧