こんにちは(^^)/

FFP不動産コンサルティング株式会社の藤本です。


前回からの続きで、不動産を水面下で(非公開で)売却する方法についてお伝えします。


一般媒介が適していますよ!と申し上げました。

そこで、いくつか注意点がございます。


まず、お客様から不動産会社に対して「一般媒介契約」を申し出る場合のメリットデメリットを挙げます。

  (※宅建業法上のメリット・デメリットではありません。)



メリット

● 「非公開」で水面下による売却活動、契約が可能である。

● 重ねて他の不動産会社に依頼することも出来る。




デメリット

● 不動産会社によっては、「ウチは一般媒介契約では扱えません」と門前払いで断られる場合がある。

● 不動産会社によっては、一般媒介契約の案件に費やす売却活動の経費・労力が、

  専任(専属専任)媒介契約の案件と比較して限定的になってしまう場合がある。

  また、その旨をお客様に開示してくれない場合もある。

● 専任(専属専任)媒介契約と比較して、

  初対面の段階からお客様の方から不動産会社との信頼関係の構築を意識する必要がある。

  理由は、ココを疎かにすると前述の様に不動産会社に無用な誤解を与えてしまうからです。






「一般媒介契約」というのは、考え方・使い方によっては非常に便利な契約形態です♪

私個人的には、一般媒介契約の方が小回りが効き便利なので、

むしろ私からお客様に対して「一般媒介契約」を提案するケースが多いです。

具体的な理由はまた別の機会で記載します♪






では、一般媒介契約で依頼する際、お客様は他社にも依頼した方が良いのか?

という迷いがあると思いますが、

コレは一律に申し上げる事は出来ません。

良い場合もあれば、やめた方がよい場合もあります。

個別具体的な判断が必要です。

強いて一例を申し上げますと、

「非公開」→レインズに登録しない を条件にするのであれば他社にも依頼しても良いでしょう。

レインズに登録すると、

何社からも同じ売り物件として公開されので、

あちこちから「さらし物」となってしまい印象が極めて悪くなってしまいます。


理想は、信頼できる不動産会社&担当者に出会えたなら、

そこ1社のみに一般媒介契約でレインズには登録しない条件で依頼する!がベストです。

おそらく最優先と言っても過言でないくらい、不動産会社は真剣に取り組んでくれるでしょう♪


ではでは。








  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 294

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧