住宅不動産売却にあたっては仲介業者に依頼するのが通常ですが、とはいっても、必ず一定の期間での売却を約束してくれるわけではありません。

ただ、この売却を保証してくれる制度があります。ここではそれぞれの不動産会社が打ち出している買取保証という制度について紹介していきます。


媒介契約と買取保証

不動産の媒介契約にはいくつかの種類があるのはご存知と思います。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約とありますが、売主に対する拘束力が強いのは前2者になります。買取保証でも媒介契約を結びますが、契約タイプとしてはこの2者になります。

売れ残っても買取するというリスクを不動産会社も担っているわけですので、このような拘束力がある契約になるのもうなずけます。


買取保証とは

この制度は、売主が不動産会社に仲介を依頼したあと、一定の期間内に買手が見つからない場合は依頼をうけた不動産会社が買取するというものです。売主は、いつまでも売り出したままでいいというケースはまれで、事情あって一定の期間(3〜6ヶ月程度)を設定することが多いです。この期間を過ぎることは売主にとっては不都合になるので、この制度はこのようなデメリットを取り除くという面を持つでしょう。


メリット

・売り出したままにならない

売り出したまま買手が結局みつかならい、という事態は最悪ですから、これを回避できるというのは売主に大きなメリットになります。

特に地方であったり築年数が古かったりした場合は、買手がつかなくなることも大いに予想されます。このような時にはこの制度お持つ効果は大きいでしょう。


・仲介手数料が不要

通常通り、一定の期間内に買手が見つかれば、仲介手数料が発生しますが、この制度で不動産会社に買い取ってもらった場合には、手数料は不要になります。

不動産売却の経費には仲介手数料が大きな割合を占めますので、これが不要になることは費用面で大きなメリットになるでしょう。


・利益還元がある

買い取ってくれた物件を不動産会社が再販売した時、売却益が出たら、そのぶんの利益を売主に還元してくれるという条件があります。例えば東急リバブルでは、再販売金額から売却金額と販売諸費用を引いた金額を還元してくれます。


デメリット

・買取金額

買取自体は保証してくれるものの、希望金額で買い取ってくれる約束ではありません。時には希望金額よりもかなり下回ってしまうこともありうるので、この点は売主にとって不安の残る点でしょう。


・一定の条件をクリアする必要がある

この制度はあらゆる物件を買い取ってくれるわけではなく、一定の条件をそれぞれの不動産会社は設定しています。例えば、エリアは首都圏と都市圏に限定だったり、マンションの場合は占有面積が30平方メートル以上(東急リバブル)だったり、条件に見合った物件のみに適用される制度になっています。


まとめ

この保証は必ず買取のあるという安心感はあるものの、金額は希望通りにはなかなかなりません。

最初から保証制度ありきで申し込むよりも、売りだしてからの市場の反応を見てから、この制度を利用することを相談してみてもいいかもしれません。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 431

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧