2017年01月23日
早川 ゆうき

区分マンションは今が上昇相場!高く売るには2018年までがチャンス

早川 ゆうき

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



こんにちは!社長さんたちの資産を分散投資するお手伝いをしています、Office with U代表の早川ゆうきです☆




突然ですが、「○○さんはアベノミクスやマイナス金利の影響を実感されていますか?


もし急にそう聞かれたら、何とお答えになりますか?


実は、不動産業界にはこの質問に「YES」と答える方がたくさんいます。


その理由は、今の政策が物件の売却(買付)価格に大きく影響しているからです。








 ○マイナス金利とは○

 各銀行は今まで、日銀にお金を預けることで金利をもらっていましたが、今はその金利がマイナスになっています。

 つまり銀行からすると、日銀にお金を預ければ、それだけで自分たちのお金が減ってしまうのです。




マイナス金利が不動産業界に与えた影響



マイナス金利政策が始まったことにより、各銀行では

「日銀に預けてお金を減らすくらいなら、融資に出して利息をもらった方が得だよね」

ということになりました。


そのため銀行は金利を低く設定し、買付業者や投資家はお金が借りやすくなりました。

これは、借りる側からすると嬉しいことです^^ )



しかし、ここで摩擦が起こります。

いくら融資を受けやすくなったからといって、売りに出される物件が急に増えるわけではありません。

そのため、買付業者からすると、「買いたいのに物件がない」という状態になります。


個人の投資家からしても、金利が下がればその分利回りが良くなるので、

「少しくらい物件価格が高くても買った方が儲かるな」となりますね。

そして、さらに物件は不足していきます。



そもそも、マイナス金利以前から低金利での貸付が始まっていた不動産業界。

その上でのこの状況ですから、「売り」よりも「買い」の需要が増えて物件価格が高騰するのは自然の流れです。







一部では不動産バブルのようなことも


私の周りにも、不動産を買付け、リノベーションしてから転売する、という会社で買付を担当している友人がいますが、

彼女の会社の社長さんは中小企業にもかかわらず、毎月10件ほどのマンションを買い付けています。


しかも、それでもまだ足りずに「もっと物件探してこ~い!!ψ(`∇´)ψ」と、

まるでバブルのように、夜な夜な社員たちを盛り上げているそうです。






どうして2018年までなの?


これには、いくつかの理由があります。


①安倍首相と黒田日銀総裁の任期が2018年までだから


アメリカでは、オバマ元大統領が任期中に作り上げたオバマケアを、

早速トランプ新大統領が帳消しにしようとしていますね。

「政治の世界は何があるかわからない」

それは、日本でも同じことです。



不動産オーナーたちが売りに転じる


今の不動産価格の上昇傾向が続くと、今まで売らずに持っていたオーナーさんたちも

物件を手放す可能性があります。


これまで不足していた物件が急激に市場に溢れれば、一気に価格は下がります。


上がれば下がり、下がれば上がる。


そうやって押し合うのが市場ですので、「いつか売ろう」とお考えでしたら、

やはり価格の上がっている今がオススメです。


下がり始めてから慌てて売りに出すと、

優秀なプロの買付業者さん達に安く買い叩かれてしまいますので、

ご注意くださいね。




不動産は、小難しい決まりなども多いですが、

情報が揃い出すと、どんどん面白くなってきますので、

ぜひ、楽しみながら資産運用してくだされば幸いです^^



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 905

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧