2017年03月22日
柊太郎

【マンション売却時に返却されるお金ってあるの?】

柊太郎

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

マンションを購入する際、ほとんどの人はローンを組んでマンションを購入することになります。

毎月ローンの支払いをすることになるのですが、これ以外にも支払わなかればならないお金というものが存在してくるのです。

それは、修繕積立金管理費というものになります。

では、そのマンションを売却するときに、この修繕積立金と管理費というものは返ってくるのでしょうか。

 

 

修繕積立金と管理費とは

 

 

修繕積立金と管理費というのは、そのマンションに住み続ける限り絶対に必要な費用となってきます。

まず修繕積立金とは、マンションの敷地部分や共用部分などの修繕、事故などが起きたときの修繕というものを、管理組合が積立金として置いておく費用のことをいいます。

そして管理費とは、共有部分の清掃やエレベーターの定期点検、庭などの保護やゴミ収集の管理など、日常的な管理に使われる費用となります。

管理費は毎月一定の金額が決まっていますが、修繕積立金に関してはマンションの老朽化が進むと同時に金額も上がる傾向にあるといわれています。

 

 

売却時には返金されるのか

 

 

マンションを購入して、すぐにどこかしらの修繕が行われるというのはあまりないケースだといえます。

管理費というのは日常的に何かしらに使われるものですので何の問題もありませんが、修繕積立金に関しては一銭も使われずにマンションを売却する場合が出てくるのです。

まだ一銭も使われていないこの修繕積立金というのは、マンションを売却する際には返金されるのか気になるところでもあります。

答えから言いますと、この2つに関しては一切返金されることはありません。

これは管理規約にも書かれていることですので、曲げられようのない事実でもあるのです。

この修繕積立金と管理費というのは、管理組合にとっては運営を保つための大事な資金でもあります。

それを売却時に毎度清算していれば、運営に関しても安定が保てません。

そういった理由から、この2つの返金はないということになっているのです。

 

 

滞納したまま売却すれば

 

 

逆に、この2つのお金を滞納したままマンションを売却すればどうなるのでしょうか。

ちなみに、区分所有法では「滞納した債務は次の所有者に継承される」となっています。

要するに、滞納したまま売られたマンションを購入すれば、その支払いはマンションを買った人に移るということになるのです。

とはいえ、マンションを買った人もそれで納得をするとは考えられません。

ですので、一旦マンションを購入した人が支払っておき、後日に売った人に請求をするというケースもあるようです。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 261

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧