2017年03月23日
柊太郎

【自分にベストな住宅売却の契約方法を知ろう】

柊太郎

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

住宅を売却したいと考えた際、初めての人であればどのような流れで売却をするのか検討もつかないことでしょう。

売却するときにかかる費用や税金、契約方法など把握しておかなければならないことが山のようにあります。

では、住宅を売却するにあたっての流れや契約方法などにはどのようなことがあるのでしょうか。

 

 

情報収集から始める

 

 

まず、住宅を売却するにあたって一番肝心になるのがいくらで売れるのか、ということになります。

ちなみに、間取りや地域などが似ている物件を、インターネットの不動産情報サイトなどで調べることで大体の相場というのがわかります。

このように、住宅売却の相場というものを知っておくことで実際の判断材料の一つとなってくるのです。

とはいえ、不動産情報サイトの情報だけではまだ信憑性に欠ける部分があります。

ですので、複数の不動産業者に簡易査定を依頼することで、手っ取り早く住宅の値段というものが知れることになるのです。

次に、上記でも述べましたが不動産の売却査定には数字上で見積もる簡易査定と、現地調査を行い正確な査定額を見積もる訪問査定の二種類が存在してきます。

相場を知る程度のことぐらいであれば簡易査定で何の問題もありませんが、正直なところ査定額に大きな開きが生じてしまう恐れがあるということだけは頭に入れておかなければなりません。

逆に、訪問査定となれば実際に現地へと足を運んで見積もりを出してくれることになりますので、それなりに正確な金額が知れることになります。

不動産業者によって査定額のバラつきが生じますので、複数の不動産業者に依頼することである程度の金額が知れることになるでしょう。

 

 

不動産業者との媒介契約

 

 

住宅を売却するには、不動産業者との媒介契約というものを結ぶ必要があります。

ちなみに、査定してもらった不動産業者から媒介契約の連絡というものが確実にありますので、複数の不動産業者に依頼したなら自分に合う業者を選んで契約を結ばなくてはならないのです。

ここでのポイントは、実際の査定額と売却希望価格との開きが狭い不動産業者を選ばなければなりません。

そして、その査定額に納得がいく説明をきちんと受けれたか、担当者の対応に不満はないのか、という部分もここでは大事になってきます。

住宅を売却する際は不動産業者とも長い付き合いとなります。

査定額も当然大事になりますが、担当者の人間性というのもかなり大事なポイントではないかと思います。

売却希望価格に大きな誤差があったけど、担当者の人間性に惚れて全てを一任するという顧客様もいるほどなのです。

最後に、媒介契約には専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約の三種類が存在してきます。

この三種類によって一社に依頼するのか、複数に依頼するのかなど、売却の手法そのものが変わってきますので、この選択を間違えると当然のように何かしらの損害は出てくることになってしまいます。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 312

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧