2017年03月24日
柊太郎

【不動産売却の大まかな流れとは?】

柊太郎

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産売却をする際、初めてとなれば売れるまでの流れというのは意外と想像しづらいものでもあります。

では、不動産売却する際の流れとはどういったものなのでしょうか。

 

 

売却する理由

 

 

不動産を売却する理由にはその人個人によって理由は異なってきます。

家族構成の変化、経済状況の変化、夫の転勤などが主な理由となるのですが、不動産売却をする際にはまずその理由というのをしっかりと把握しておかなければならないのです。

それによっては売却方法というものも変わってきますし、売りに出す時期というのも変わってくるのです。

それから、住み替えの時期、手元に残る資金、といった自分の希望する売却価格や経済状況などを確認をしなければなりません。

これら全てを整理しておくことで、売却価格や時期、次の新居も購入するのか賃貸なのか、そもそも売却をせずに誰かに貸すのか、ということなどのイメージに結びつくのです。

 

 

売却の流れ

 

 

不動産売却の際には少なからず大まかな流れというものがあります。

まず売却すると決ったら、いくらで売れそうなのかの目安を立てなければなりません。

ですので、初めは物件の周辺相場を知ることから始めなければ先には進めないのです。

そこから不動産会社を探すのですが、この不動産会社選びを失敗すれば不動産売却も失敗になってきます。

不動産選びは慎重に行い、そのための情報収集は絶対に怠ってはいけません。

不動産会社が決まればその家の査定をしてもらうことになります。

ちなみに、その査定額というのも不動産会社によってバラつきがあるため、複数の不動産会社に査定を行うといいかもしれません。

不動産会社が決まればその不動産会社に仲介に入ってもらうための媒介契約というのも結びます。

その契約方法にも三種類あるのですが、自分の希望する売却方法なども視野に入れてどの契約方法にするのか決めればいいでしょう。

そこでやっと自分の不動産が売りに出されることになります。

その売りに出すときの価格なのですが、自分の希望金額だけでは売れるものも売れなくなりますので、そこは不動産会社との相談で売れるであろう価格を決めればいいのです。

買いたいという人が現われたら次に交渉となります。

その際に、物件情報を開示もしなければなりません。

良い部分だけアピールして、悪い部分を一切公表しなければ確実にトラブルの元となりますので、物件の不具合や欠陥などはあらかじめ公表しておかなければならないのです。

それで問題なければ売買契約を結び、不動産を引き渡すという流れになってくるのです。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 303

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧