2017年03月30日
平田 純子

不動産事例① ~売却か?!賃貸か?!~ その3

平田 純子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

みなさん、こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの平田純子です。


引き続き、11年前に京都にマンションを購入したAさんのお話です。

理想的なマンション物件と運命的な出会いをし、快適に暮らし始めたものの、

勤務先から転勤を言い渡されたというのが、前回までの内容でした。


居住開始から丸3年が過ぎた矢先、京都から東京に転勤の辞令を受けたそうです。

ちなみに、そのとき彼女は引き続きシングルでした。


『売却』か『賃貸』か相当悩んだのだろうと私は察しました。

当然、この先の人生を考えると結婚もするだろうし、お仕事で京都から東京への

転勤となると、中々京都に仕事で戻ってくるという可能性も少なそうだし、

『売却』に気持ちは動くのではないかと、私なんかは話を聴いていて思ってしまいました。


しかし、その物件は彼女にとっては、特別なものだったんですね…


『売却』は当初からあまり考えていなかったー

彼女はきっぱりと言いました。


仲介業者担当者から「少し高いかもしれません。」「徐々に下げていくのは印象的におすす

めできない」と懸念されていた賃貸価格も幸い希望価格にて、しかも情報公開から2週間ほ

どで入居希望者が決まったそうです。空室期間も短く、スムーズな運びで。Aさんはそこで

も《縁》を感じたそうです。


私が話を聞いていて感じたのは、物件の立地の良さもかなり影響しているということ。

(立地詳細については、前回のコラムをご確認ください。)


その時から今年で丸7年。その後どうしたのかなぁと思い、今回の当コラム執筆をきっかけに

久しぶりにAさん連絡をとってみました。


私  「Aさん、久しぶり!以前話してくれた京都のマンションって、まだ所有しているの?」

Aさん「久しぶり。所有しているよ。いろいろ考えることもあるけどね~」

私  「そっか~」

Aさん「でも、やっぱり売らないと思う!」


これまたきっぱり!!(Aさんの潔さを久しぶりに思い出しました)


引き続きの住宅ローンの負担とライフプランの変化等、7年の間にいろいろ変化があっただろ

うと察することができます。


「売らない」判断の裏側と私なりの見解は最終回に続く。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 434

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧