これからさらに深刻な問題になると言われている空き家問題

相続税に固定資産税、都市計画税などの税金負担、なんとかお金を生み出す不動産にするか、売却して換金するかしなくてはいけません。

そこで深刻な空き家問題対策として、いくつかの方法をご紹介します。


今、ひそかに古民家ブームです。まずは、古民家に住みたい人に売却するという方法が手っ取り早いでしょう。古家解体もしないで売却できる可能性が高いです。

そうでなければ、古い建物を解体して更地にして売却することになります。しかしこの場合解体費がかかるのと、売れる土地でないといけません。つまり立地次第ということになってしまいます。地方の土地でも、コンビニ立地であったり、何か商業施設向けの立地であれば救われます。

この他、借り手がつきそうな立地であればアパート建築用や、分筆して複数の住宅を建築する土地として買い手を探す、という方法もあります。

また、近所を探すと意外に分家用に近隣の土地を欲しがっている人もいらっしゃいます。

いずれにしても、古民家を探している人以外に売却するのであれば、古家は邪魔になりますので、解体し更地にした方が良いでしょう。


もしも買い手がつきにくい土地なら、どうにかして貸すという方法しかありません。

具体的には、そのままでは借り手がつかないような物件なら、改装して魅力ある物件に変えなくてはいけません。なるべく費用を抑えつつ、魅力ある物件にするかがカギを握ります。最近では、古民家に住みたいという人もいらっしゃいますので、古家の魅力を壊さないで、便利な機能をつけてあげると良い物件に仕上がるでしょう。ただ、耐震性に問題ある物件なら耐震性をつけるための工事も必要になります。こちらは、費用を惜しむことなく安全な住宅に仕上げましょう。


いずれの方法も当てはまらない物件であれば、古家を解体し更地にし、いくつかの土地に区分して家庭菜園用の土地として貸すという方法があります。この方法であれば、あまり立地を気にしなくても良いでしょう。


空き家問題は、あなたにも降りかかってくる可能性がある問題です。問題に直面してから考えるのでは遅く、できる方法が限られてしまいます。前もって考え行動することで、より良い方法を選択することができます。一日も早く備えましょう。



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 542

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧