不動産コンサルタント・ニコニコ大家さんプロデューサー

星 龍一朗です。


今回のテーマは、
「モデルルーム化が浸透してきた~」
です。




新築の分譲マンションの場合、
通常、モデルルームを作って、マンションの建築中から、
販売します。

モデルルームには、素敵な家具や家電が置いてあり、
それを見学したお客様は、夢を膨らませて、
購入を検討するわけです。

新築の分譲マンションの場合は、
不動産ディベロッパーが売主となって、
販売経費を投入していますので、
インテリアデザイナーなどを入れて、
素敵な雰囲気に仕上げています。

ハウスメーカーのモデルハウスが集まる
住宅展示場の場合も、同じようなことが言えます。

ところが、
中古の不動産を売る際、
一般個人の方が売主で、仲介会社が売主から委託を受けて、
販売活動をしているという形態になっています。

そのため、売主さんが住みながら、売却の活動をするケースも多いです。

空室の状態で、販売する場合でも、
なかなか、家具や家電を置いて、モデルルーム風にすることは、
出来ていませんでした。

中古のマンション・戸建てを買い取って、リノベーションをして、
販売する転売不動産会社の場合も、以前は、
モデルルーム化まではしていなかったのですが、
このところは、モデルルーム化をして販売活動をするケースが、
かなり浸透して来ているようです。

仲介会社の中には、専属専任・専任媒介で、売却活動の委託を受けた物件に関して、
モデルルーム化をしてくれるといった動きも出てきているかと思います。

私は、普段、個人の不動産投資家さん・大家さんから、
空室の入居者募集について、相談をさせることが多いのですが、
賃貸物件の場合でも、モデルルーム化、もしくはプチ・モデルルーム化をする
ケースが増えてきていて、効果を出ています。


中古不動産を売却する場合、空室にして、リフォームをしてから、
モデルルーム化して販売するというのが、これから、浸透してくると思います。

なぜなら、イメージアップや、家具があることで生活が具体的にイメージできるので、
良い条件で売れる可能性が高まるからです!



最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

次回も、よろしくお願いします。



星 龍一朗


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 391

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧