不動産コンサルタント・ニコニコ大家さんプロデューサー

星 龍一朗です。


今回のテーマは、
査定価格と鑑定価格の違い
です。





不動産の査定価格と鑑定価格の違いは、おわかりでしょうか?

不動産を売ろうと思ったときに、「どのくらいの価格で、売れそうか?」
という推定価格を、不動産会社が出してくれます。

これが、いわゆる「査定価格」です。
不動産会社によっては、「査定報告書」という形で、
かなりしっかりとして、書面を出してくれます。

この中には、周辺の取引事例などの参考資料も入っています。

そして、だいたい、このくらいの価格なら売れると思いますという
価格を査定価格として、提示するのです。

さらに、この査定価格をベースとして、売り出し提案価格といって、
「価格交渉が入ることも踏まえて、査定価格に少し上乗せした価格で、
売り出してはどうでしょうか」
と、ある程度、幅を持たせた価格帯の提案があることが多いです。

たとえば、
査定価格が、「4700万円」の場合、
売り出し提案価格は、「4700~4980万円」
といった具合です。


基本的に、これは無料で行ってくれます。

なぜ、無料で行ってくれるのかというと、
不動産会社は、物件売却の依頼を受けたいからです。

つまり、売主さんから、媒介契約を締結してもらって、売却活動を行い、
成約の際に、仲介手数料をもらいたいので、そのためのサービスの一環として、
無料査定を行っています。

今は、不動産ポータルサイトから、複数の不動産会社に一括で、査定依頼をかけるとことも可能です。

そして、査定価格は、不動産会社によって、かなりバラつきがある場合が多いです。


では、「鑑定価格」は何かというと、
不動産鑑定士の国家資格を持ったものが、不動産鑑定評価基準に基づいて算定したものになります。

この不動産鑑定は、不動産鑑定士だけしか行うことの出来ない独占業務となっており、
有料です。

ですので、単純に不動産を売却したいというだけでは、「鑑定」を依頼する必要はありません。

料金は、数十万円かかる場合がほとんどですので、
相続や立退き、裁判などの関係で、「不動産鑑定評価書」が必要になる場合に、
不動産鑑定士に料金を支払って、作成を依頼する形になります。




最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
次回も、よろしくお願いします。


星 龍一朗
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 332

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧