2017年03月29日
星 龍一朗

不動産マーケットの相場は循環する!バブル崩壊から現在までを振り返る(その1)

星 龍一朗

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産コンサルタント・ニコニコ大家さんプロデューサー

星 龍一朗です。


今回のテーマは、
不動産マーケットの相場は循環する!
です。

不動産価格の相場というのは、数年を周期に上がったり、下がったりしているということです。



私が、不動産ビジネスの世界に足を踏み入れたのは、1990年4月でした。
実は、その前月の3月27日に、当時の大蔵省から不動産融資総量規制」の通達が出されていました。

そうです、この通達こそが、「バブル崩壊の発火点」となったものです。

1980年代の後半、日本はバブル景気に沸いていました。
日本中の不動産が、みるみるうちに値上がりし、
転売が繰り返されていたのです。

そこには、収益性がどうかということは関係ありませんでした。

いわゆる「土地ころがし」といって、なにもしなくても、高値で転売が出来たのです。
金融機関の不動産融資残高もうなぎ登りになっていたわけです。
そこで、政府は地価高騰を抑えるために、不動産融資総量規制」の通達を出したわけです。

この狙いは、異常な投機熱を冷やすため、土地取引に流れる融資の伸びを抑える狙いで、

・不動産向け融資の伸び率を総貸出の伸び率以下に抑える(総量規制)
・不動産業、建設業、ノンバンク(住専含む)に対する融資の実態報告を求める(三業種規制)

という内容でした。

これにより、不動産にお金が回らなくなり、バブル崩壊の引き金になったと言われています。

ちなみに、映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』は、この総量規制がテーマになっていて、
なんとか、バブル崩壊を防ぐため、タイムマシーンを使って、総量規制の通達をやめさせようとする
内容で、見ていてとても、面白い内容でした。

さて、話を元に戻すと、私が、不動産ビジネスの世界に入った1990年4月というのは、
まさに、バブル崩壊が始まった時だったということです。

私が大学を出て、就職したのは、大手の不動産流通会社で、
「新築分譲マンション・戸建ての販売」事業と、
「中古住宅の売買仲介」事業の二つが、メイン事業でした。

ほかに、リゾート事業、海外事業、不動産運用事業なども手がけていましたが、
私が配属されたのは、「中古住宅の売買仲介」事業の本部部門だったわけです。

当時の私は、社長の「開発は有限、流通は無限」という言葉が、心に刺さっていました。

バブル崩壊への序曲が始まったばかりでしたから、最初は、
会社も非常に景気がよく、飲み代やタクシー代も会社持ちという時代でした。

それが、2年目、3年目となると、バブル崩壊の影響がどんどんと大きくなって行ったのです。

そして、入社4年目からは、売買仲介の現場(営業店舗)に出て、仲介営業をすることなりました。
ところが、不動産価格は、下がるといういった状況になっていました。

この続きは、次回、お伝えしますので、お楽しみに!


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
次回も、よろしくお願いします。


星 龍一朗














  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 694

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧