2017年02月27日
市川隆久

家を売るってどんな気持ち?(値上がり編)

市川隆久

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

皆さんこんにちは。
国際不動産コンサルタントの市川隆久です。

私は不動産業界に入って今年で34年目になります。
入社時はバブル前
入社して5年目にバブルになりました。


<バブルって本当に一気に価格が上がったのです>
4年目で自宅用のマンションを購入して、5年目に結婚して、6年目に大きく値上がりました。
3500万円で購入した自宅用の新築マンションですが、一年で1000万円値上がりしました。
場所は埼玉県の戸田です。3LDK66㎡(約20坪)です。

その程度なら予想は出来ていましたが、そこからあと500万円上がり、購入時から1500万円値上がりしました。
3500万円で購入した新築マンションが一年半で5000万円になりました。

私は当時、そのエリアで新築マンションを売っていましたが、隣の部署で中古マンションを扱っており、担当者から売れた情報を直接聞いていました。

5000万円までは売る気持ちは無かったのですが、それから2ヵ月くらいして、近くで似たようなマンションが5500万円で売れた話を聞きました。

私は儲けが2000万円を超えれば売っても良いかな、と思いましたが、同時に東京都内のマンションを持ちたい、とも考えました。

(それがその後の失敗に繋がりますが)

私はさすがに戸田で20坪のマンションが6000万円を超えては売れないかな、と思い、一気に5800万円で売出しました。
いや、6000万円は超えると思うけど、そうなったらそれでも良いと思ってやはり5800万円にしました

結果は
3日で売れました。
しかもオールキャッシュの買主さん。値引きなし。

その頃、都内板橋区で7500万円の新築マンションがあって、自分がその近くで売っていた9000万円よりもかなり安いこともあり、そちらを購入しました。


<夢は膨らんで>
自分では都内でマンションを持ちたい、という気持ちが強かったので、こうやってマンションを買い替えて行けば、1億円のマンションも持てる、と、当時は考えていました。
(これは、アメリカ人が自宅を買い替えて、最後は大きな家に住みたい、という思考と同じなので、今海外不動産を扱っている私には理解出来ます)
中国人の気持ちも同じようかもしれないですね。

後に次のマンションの売却では大きな損をすることになりますが、やはり、相場が高い時に売れた、ということは、同じ時期に買うと、それは高い買い物になる、ということです。

高く売ったら少し休むか、エリアを変える。
みんなが買わない時に安く買う。
    

この鉄則は株と同じですね。

調子に乗らない。
同じことはまたすぐは起きない。
これが一番大切かもしれないですね。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 453

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧