2017年02月21日
五十嵐範子

知っておいて損はない!マンションを売る時の流れ

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

買った当時には長く住むつもりで購入したマンションでも、一戸建てを購入して引越しすることが決まった場合や、転勤でその土地を離れることになった時など、それぞれの理由でマンションを売らなければならないこともあります。
面倒な手続きなどが沢山あるイメージですが、売却時に実際はどのような点に注意して行動するのが良いのでしょう。


まず初めに行うのは、そのマンションの価格相場を知ることです。間取りや築年数を考慮して、おおよその金額が調べられるサイトなどがインターネット上に沢山ありますので上手に活用します。


相場が分かった後に行うのは購入者を探す作業になります。
個人で購入者を探すのは難しい話ですので、仲介してくれる不動産会社を見つけましょう。

マンションを購入した不動産会社でも良いですが、近くの専門店や知人の紹介を受けるなど様々な形で利用先を見つけます。
仲介業者が実際にマンションに来て査定を行いますので、自分で調べた相場価格とかけ離れた金額で査定されないかしっかりチェックするのが大切です。
人気があるマンションである場合や、築年数の割に綺麗な状態が維持されている物件、引越し時期と重なるなどの好条件が重なりますと、短期間で買い手が見つかる可能性があります。
マンションなどの不動産物件も出会いやタイミングが重要で、新築同様でもいつまでも買い手が見つからないケースも珍しくありません。
急いでいる場合には仲介業者に話し、こちらの意向に素早く対応して積極的に買い手を探してくれるフットワークの軽い業者を利用するのが理想です。


購入相手が見つかった場合には先方との売買契約を結び、引き渡しに必要な手続き申請を行います。
売却する理由によって様々ですが、少し早めから売る準備をしておくとギリギリで慌ただしいこともなく、気持ちに余裕を持ってマンションの購入希望者を探せます。


自分が希望する価格での売却を望んでいる方は、是非今後の参考にしてみてはいかがでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 238

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧