2017年02月24日
五十嵐範子

売却と物件探しを成功させる良い方法

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

今の住まいを売却して新たな場所で住居を求める場合、売却と物件探しのタイミングがとても大きな問題となります。


売却を先にするケースと、新しい物件探しから始めるケース、そして売却と物件探しの両方を同時に進めるパターンと、3つに分類されます。
それぞれの考え方や現在の状況によって適しているものと、そうでないものとあるかもしれませんが、どのような違いがあるのでしょう。


まず売却を先に済ませますと、今の住まいがいくらで販売されるかが明確になり、その金額を資金源として新たな住居を探せます。
引っ越し代金や様々な費用を計算して、不足するような場合は、住宅ローンを検討することもできて、具体的な物件探しが行えるでしょう。
しかし手放す期日が来ても新居が決まらないこともありますので、そのような場合は一時的に実家に戻る方法やアパートなどに仮住まいを設けるなどの工夫が必要です。


一方の先に今後の住まいを見つけておいた場合には、今の住まいがいくらで購入されるかがはっきりしないことで、思うように物件が選べない可能性があります。
売却を希望したところで買い手がつく保証はなく、いつになるかも不動産会社の営業マンでさえ分からないのが現状です。
しかし、住みたい家が決まっていることで売却に関する様々な手続きなどの負担に感じず、すべての行動に高い目標が加わります。


では売却と物件探しを同時に進めると、どういったことになるでしょう。
時間を掛けずに行動したい方には一番良い方法で、不動産会社に何度も足を運ぶ手間が少しなくなり、同時に両方のことを相談できる点は便利です。


金額が大きな不動産物件は、急いだばかりに考えていたことと違う決断をして後悔するようなことはなく、常に冷静な判断ができるように気持ちを落ち着かせることが大切になります。


損をすることやこんなはずではなかったと思わないように、希望した金額での売却理想通りの新居が探せるように、今一度よく考えてみてはいかがでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 238

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧