2017年02月24日
五十嵐範子

不動産売却時に関わる確定申告

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

自分の財産となる不動産を売却した場合、確定申告をする必要がありますが、売却した方が全て該当するのでしょうか。
納税に関する大切なことですので、身に覚えがある方は勿論ですがそうでない方も、今後の参考に学んでおくと安心です。


不動産を売却した時に確定申告をする方は、売却によって利益を得た方で、残念ながら損をしてしまった方は、確定申告の手続きは不要となります。
確定申告の目的は、給与以外のことで収入を得た場合に手続きをすることなので、収益が出なかった方は、そのまま何もする必要はありません。
一方で売却時に利益が発生した方は、売却した時に得た収入から費用を差し引いた金額がプラスになっている状態を指していて、その金額に譲渡所得税が発生します。


該当者には通知が来るだろうから、それまでは放置しておいて良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、納税は国民の義務であります。
確定申告の必要性を分かっていながら手続きをしなかった場合、脱税と判断されて、場合によっては処分を科せられる可能性も十分あります。
自分の不動産を売却して得た収益なのに…と残念に思わず、適切な方法で確定申告を進めましょう。


必要な書類税務署に全て用意されていて、売却に関する資料などと合わせて準備すると、申請時に書類の不備があって二度手間になることもないはずです。
税務署の混雑が苦痛に感じる方でも安心で、最近はインターネットで簡単に申請できるようになっています。
自宅からの申請も可能ですが、サポート受けながら行いたい場合は、各地域の税務署や確定申告会場へ足を運びますと、専門スタッフがゆっくり丁寧にやり方を指導してくれますので、書類を書く手間もパソコン操作で悩むこともありません。


自宅で済ませられる方は、小さな子供を連れていく必要や、会社に休暇をもらって一日税務署で過ごすような心配はありません。
不動産で利益を得た場合は、確定申告を忘れずに行いましょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 270

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧