2017年02月25日
五十嵐範子

経費はいくら?不動産の売却に関する疑問

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


土地や建物などの不動産物件を売却する時、売れた時の金額が全て手元に入ると思って様々な計画をする方がいますが、細かな経費が掛かることを前提にしておくと、こんなはずではなかったのに…と損をしたような気持ちにはならないはずです。


経費にも色々な項目がありますが、多くのウエイトを占めるのが仲介手数料と言われています。
これは買取をしてもらえば掛からない費用ですが、結局低い価格で買取されることも多く、計算するとプラスマイナスゼロになることが多々あります。


売却した時に収益を得た場合には、確定申告を行って譲渡所得税を納める必要がありますので、これも忘れてはいけません。
自分の持ち物を売却しただけで、税金が増えることに納得できないかもしれませんが、国民の義務として、適切な金額をしっかり納めることが重要です。
この譲渡所得税は、売却して損失が発生した場合には納めなくて良い税金ですので、安心して不動産を手放す検討を進められます。


マンションや一戸建てを売却する場合、新しい新居が決まっている場合には良いですが、売却物件の買い手がつかないまま手放すことになる可能性も十分考えられます。
そのような場合には、仮住まいの場所を探すことと同時に、正式な引越し前に一度引越しをすることになります。
その後新しい新居が決まって、仮住まいから引越しをすることになり、2倍の引越し費用を計上しておく必要があります。


目の前の大きな金額に振り回されてしまうことが多い不動産売却時には、様々なパターンを想定すると同時に、細かな経費にも気を配って行動することが大切です。
その他にも手続きに必要な印紙代など、それぞれが小さな金額でも、積み重なることでとても大きな経費を求められますので、最終的には一体どの程度手元に残るか事前に把握しておきますと、大きな出費があっても驚かないはずです。


不動産を手放すことを考えている方は、じっくり計算してみると今後に役立つでし

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 396

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧