2017年02月26日
五十嵐範子

ぜひ知っておきたい!不動産物件の売り時

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


世の中の動きや景気が大きく関係する不動産物件の価格は日々変動していて、金額も大きくなることもあり、買うタイミングや売り時を知ることは、損をせず成功へ近づく大切な項目になります。


親から譲り受けた土地を地方に所有している方や、投資目的でマンションを購入して所有している方など、様々な形で不動産の持ち主となっているケースがあります。
売却を検討する時期やタイミングを知って、今後の不動産業界への関わり方を考えるのがお勧めです。


相場や景気が関係する不動産の価格ですが、物件そのものの築年数が大きなポイントとなることは確かです。
丈夫に建てられていることもあり、古い住宅を好んで探す方もいますが、住宅ローンの関係上、あまりに古すぎる住宅は買い手がつかなくなる傾向にあります。


経過年数基準を設けて築年数の制限を行っていますので、築20年から25年経過した物件は、住宅ローンが組めなくなります
現金一括払いで購入する買い手が沢山いる訳ではないので、この制限を超えてしまう前に手放した方が良いでしょう。


書類上の印象も、築年数が10年代と20年代ではイメージが異なります。
また、マンションの場合には大規模な修繕が行われる前に手放すのも一つの方法で、リフォームなどの買った状態のままでは不都合が増えてきた段階も考え時とされています。



物件自体の性質も重要ですが、世の中の動きが大きく関係するのが不動産物件で、株式のように日々変動することから、買い手が増えていて価格が高騰しているのか、その逆に売りたい人ばかりで価格が下降気味であるのか、適切な最新情報を入手することが大切です。


不動産の売り時を知りたい方にとって、自分が所有する物件の現状と共に、景気や世の中の動きを敏感に察知して行動することが重要となります。


誰もが損をしたくて不動産物件を売却する訳ではなく、買い手側もできる限り自分の理想条件に近い物件を安く購入したいのが本音でしょう。
時期やタイミングを適切に判断して見極める力が求められます。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 377

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧