2017年03月07日
五十嵐範子

値引きは可能!?不動産売却時の仲介手数料について

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


自分が所有する土地や建物を売却する場合、多くの方は不動産会社を利用して、様々な相談に応じてもらい、手続きのサポートを得ています。


仲介手数料は、不動産会社に支払う手数料のことで、アパートやマンションなどの賃貸住宅に住む場合にも不動産会社に仲介手数料を支払うので、良く知っている方も多いでしょう。


売主だけが支払う料金ではなく、買主側も不動産会社を利用して土地や建物を探すことは十分考えられます。


この場合にも仲介手数料は支払う必要がありますので、覚えておくと良いでしょう。


仲介手数料の計算方法法律で定められていて不動産の売買価格に応じて算出されるようになります。


税込み価格が200万円以下の場合は、売買価格の5%に消費税が加えられる計算となり、税込み価格が200万円以上400万円以下の場合は、売買価格の4%に消費税が加えられる計算です。


更に税込み400万円以上の場合は、売買価格の3%に消費税が加えられます


この方法で算出された数字が決まりではなく、上限額となっていますので、仲介手数料として受け取って良い範囲の金額を提示しています。


上限ならば安くなることも可能なのでは…と考えてしまいますが、契約を取り交わす多くの場合が上限いっぱいの金額を知らずに仲介手数料として支払っているようです。


不動産会社との交渉次第では、わずかな金額でも値引きが可能かもしれませんので、念の為質問してみるのも良いでしょう。


またキャンペーンとして、仲介手数料を半額割引などのイベントを開催して、不動産会社が利用者を募ることもあります。


自宅近くの専門店など、売却時に依頼しようと考えている不動産会社の耳寄りな情報を素早くキャッチして、賢く活用するのがお勧めです。


特別急いで売却する必要がない場合は、色々な不動産会社のサービスを比較するのも、良い利用する店を見つける手段となります。


売買価格によっては、数十万円から数百万円の支払い額になる仲介手数料は、値引き交渉や割引キャンペーンを活用する価値がある金額の大きさですので、良く調べてから不動産売却に是非役立ててはいかがでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 322

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧