2017年03月10日
五十嵐範子

どっちが良い?売却と買取の違いとポイント

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


今住んでいるマンションを手放す場合、売却買取から選んで次の持ち主に引き渡すことができます。


築年数や間取りによっても異なり、立地されている場所でも違いますが、人気物件は空き家になるのを待ってでも入居したいという方もいますので、住みやすく支持されているマンションを手放そうと計画している方は、良く調べて行動すると安心です。


売却は、不動産会社が様々な営業活動を通して購入希望者を探す方法で、ホームページや新聞織り込み広告などを通して、より多くの方に物件情報を知ってもらうことが可能になります。


一方の買取は、不動産会社が文字通り買い取ってからリフォームなどを行い、その費用を計上した価格でもう一度販売する方法です。


売却買取のどちらが良い方法であると決めつけることは難しいですが、手放す方の考え方や現在の状況によっても向き不向きがあります。


しかしすぐに現金化される買取は、最近希望する方が多い方法で、周囲に知られずにマンションを手放すことができる上に、限定した期間内で物件を手放して引越しを済ませることができるのは買取になります。


しかし良い点ばかりではなく、売値が売却時よりも低く設定されてしまうところが大きなネックとなって悩んでしまう方が増える要因ともなっています。


少しでも高くマンションを売りたいと考えて手放そうとしている方がほとんどだと思うので、様々な理由から買取を選択せざるを得ない場合以外は、売却の方向で考えながら業者選びをするのが良いでしょう。


せっかく高い価値があり評価されている物件を、安く売って損をする必要はありませんので、できる限り高く査定をする不動産会社を知ことも大切です。


売却と買取の違いが理解できていますと、マンションを手放す際にも不動産会社とスムーズな話し合いが可能となり、更に追求した質問が思い浮かぶようになります。


これから本格的な活動を始めようとしている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 267

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧