2017年03月11日
五十嵐範子

一戸建ての売却前に知っておきたいポイント

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


長く住む予定で買い求めた一戸建てでも、生活スタイルの変化考え方の違いが訪れることで売却を検討する方も少なくあります。


最近では個人でリフォームやリノベーションを楽しむ方が増えていて、中古の一戸建ても新築物件に負けない人気ですが、売却を検討している場合には、いくつかのポイントに気をつけて思い通りに物件を次の持ち主に引き継ぐのが理想です。


不動産の価値に大きく関係する築年数間取り立地条件などの項目がありますが、築年数は特に相場や査定価格に関わる重要ポイントとなります。


中古物件が人気だからと言っても、あまり築年数が経過している場合や、既に自分たちが中古物件を購入していて、新築の状態から年数を重ねている場合は、あまり高く査定されないのが現状です。


築10年が一つの目安とされていて、資産価値が下がる前に手放して他の住まいを探すケースと、修繕やリフォームなどを行って長く住む決断をする分かれ目になるようです。


しかし、安くても買ってもらいたいと考える方と、築年数が古い物件をあえて探している方が見事にマッチングすることで、双方が思い通りの売却と購入を実現できます。


不動産との出会いや巡り合わせは、縁やタイミングが大きく関係しますので、データのみで判断して諦めることもなく、マイナスな判断をする必要はりません。


築年数以外の良さを必死でアピールすることで、利便性や生活環境を重視して家探しをしている方の心に響くことも考えられます。


一戸建てを手放す前には、購入希望者が見学に来る内覧を何度か経験する可能性がありますので、実際の生活スタイルを見られるストレスは大きいかもしれませんが、直接良さをアピールできるチャンスです。


不動産会社の営業スタッフのように、一生懸命対応することで熱意誠意が伝わるでしょう。


一戸建てを手放して新しい住まいを探している方は、適切な情報を仕入れてからより良い判断ができる環境を整えることが大切になります。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 293

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧