2017年03月22日
五十嵐範子

実は知らないことが多い…土地売却の基礎知識

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


不動産物件を売却すると聞くと、マンションや一戸建てをイメージする方が多いと思いますが、土地のみを所有していて手放そうとする方もいます。


親から譲り受けた敷地であるケースを始め、投資目的で景気が良い時に購入したなどそれぞれの理由がありますが、実際に売却する前にはある程度の知識を得てから行動する方が、不動産会社との話もしやすくなるでしょう。


細かな決まりや専門用語が多い土地ですが、不動産としての価値が高く、場合によっては自分が思っているよりも大きな収益をもたらす可能性があります。


同じ地域でもほんの少し距離が離れているだけで価格に大きな差がある場合や、土地の形によっても評価が異なります。


最近では狭小住宅と呼ばれる狭い敷地を最大限活用して、一戸建てや店舗を建設する方もいて、狭いという理由で人気が得られないとは限りません


道路に面している敷地の広さ日当たりの角度によっても評価が変わる土地は、素人には分からない判断基準が沢山あるようです。


マンションや一戸建てと同様に、売却する前には一括査定や売却シミュレーションを活用しますと、おおよその評価価格が分かります。


相談する不動産会社選びの際の指標となり、マンションや一戸建てを売却する場合と同じで、会社の違いで査定の金額が大きく異なることもあります。


とにかく早く手放したい!と思っていて、不動産会社の比較をしている時間がない場合は、早い段階で一社に絞ってしまうのも良いですが、時間に余裕がある方は、自分が話をしやすく親身になって対応してくれるようなスタッフとの出会いを求めて、不動産会社選びをするのがお勧めです。


また新聞の折り込み広告などを見て、同じ地域で同じような土地がいくらで販売されているかを調べるのも有効です。


ただ所有しているだけではもったいない土地は、一度手放して不動産の売却収益を得て、また新たな物件を探すなどの行動にも繋げられます。


今後土地の売却を使用と考えている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 287

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧