2017年03月28日
五十嵐範子

どっちが売りやすい!?一戸建てとマンションの違い

五十嵐範子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


購入する時には、今の時点で欲しい方を選んで買い求める一戸建てやマンションですが、年数が経過して売却する時のことまで考えて手に入れますと、どちらが良いか悩んでいる方が判断する基準が一つ増やせます。


マイホームや自分の城とイメージするのは一戸建ての場合が多く、庭付きでガレージがある暮らしは誰もが憧れる生活です。


二階建てや屋根裏倉庫、半地下の追加など柔軟性がある設計が実現しやすく、広くゆったりとした印象があります。


一方のマンションは、一般的になりつつあるオートロックを始め、セキュリティ対策が万全で、駅やスーパーなどが近い場所に建てられていることが多く、快適な生活が望めますので、幅広い世代の住民が一つの集合住宅に暮らせるのが特徴です。


実際に売却する場合には、マンションでも一戸建てでも、立地場所間取り築年数などのいくつかの項目が大きく関係します。


特に一戸建ての場合は、築20年を経過しますと資産価値がほぼなくなるとされていて、土地のみの価格で査定評価されるようです。


場合によっては、更地にして販売することを求められるなど、解体費用などを考えた売却が必要となります。


マンションのほうも築年数が経過することで評価が下がるのは一緒ですが、人気物件の場合には売却されるのを待っているケースもあるようで、同居をせず、親子でそれぞれに住まいを設けて同じ敷地内で適度な距離感を持った生活をするなど、柔軟な使用方法があるのも確かです。


始めはマンション限定で探していた方が、最終的には一戸建てを購入したなどの話もあることから、色々な物件を見て回る間に考え方が変化することもありますので、一戸建てを売却する場合でもマンションを手放す場合でも、興味を持たれる可能性は十分にありますので、安心して検討できます。


利用する不動産会社の選び方も大切で、マンションを売却したいのに一戸建てを探している人が多い会社では、いつまでたっても購入希望者と良いマッチングが実現しません。


思い通りの売却が実現できるように、是非今後の参考にしてみてはいかがでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 314

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧