2016年12月27日
池田

査定額が安すぎるかも?!不動産業者が信用できない時、どうする?

池田

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 マイホームを売却するなら、少しでも高く売りたいですよね。

 査定額に不満があったら、仲介を依頼する前にするべきことがあります


 査定額が妥当か、地域の相場を知りましょう

 不動産の売却価格の相場は、過去の取引事例によって決まります。

 

近隣の過去の取引事例をインターネット上で調べる方法が2つあります。

 

 

・国土交通省の不動産取引価格情報検索

http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

 

 

国土交通省が不動産の売買取引をした当事者にアンケートを取り、集計した結果をまとめて公表しています。

 

調査対象地域であれば、市区町村や最寄り駅、取引時期などかなり詳細な条件で調べられます。

 

 

REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーション)

http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

 

 

REINS(レインズ)」は、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理する不動産情報共有システムです。

 

基本的に不動産業者しか閲覧できませんが、成約情報のデータベースである「レインズ・マーケット・インフォメーション」は業者以外でも利用可能です。


 過去の実績や戦略を確認して、依頼するか決めよう

 公共性の高い上記2つのデータベースで過去の取引事例を知り、相場感を養うことは可能です。

 

しかし、データの数字だけでは個別の要因(土地の形状、前面道路の状況、マンションの階数、リフォームが必要な状態かetc)が不明なので、注意が必要です。

 

マイホームが実際にいくらで売れるのか正確に知るには、やはりプロである不動産業者の目に頼るしかありません。

 

相場と比較して査定額に疑問が残る場合は、仲介業務を依頼する前に他の業者にも査定を依頼してみましょう。

 

不動産業者にも得手・不得手があり、戸建ての得意な業者にマンションの仲介をお願いしたり、得意なエリア以外の地域の物件をお願いしたりしても、なかなか良い結果は出ません。

 

仲介を依頼する前に業者の過去の取引事例や販売戦略を確認し、営業を任せて良い相手かどうかしっかりと見極めることが大切です。

 

 まとめ

 不動産取引の過去事例を自分で調べる方法があります。

 

不動産業者に査定を任せっきりにせず、地域の相場を調べてみましょう。

 

売却を成功させるには、信頼のおける不動産業者を見つけることが重要です。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 487

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧