2017年03月24日
石坂健

こっそり教えます!マンションの買換え体験 ~ビジネスプランづくりの視点から~

石坂健

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

こんにちは。やっと花見のシーズン到来ですね。皆さまいかがお過ごしですか?

私は不動産業界の人間ではないのですが、ご縁があり、このブログを書かせて

いただくこととなりました。どうぞよろしくお願いいたします。


私の仕事は、あまり聞きなれない言葉ですが、「インキュベーションマネージャー」と言い、

主に、これから新たなビジネスを立ち上げようとする方々に、様々なご支援をすることです。

たとえば事業計画の立て方や資金調達に関するアドバイスなどです。




一般に事業計画を立てるというと、ヒト・モノ・金・情報といった経営資源をどのように

事業に投資し、どのように発展させていくか、ということを考えるものです。


もちろん、これから創業しようとする場合は、それらの経営資源を

どうやって調達していくか、ということも考えねばなりません。


具体的には、自分が世に出そうとする商品やサービスの価値を市場に認めてもらい、

多くの人に役立ててもらうために必要な開発を重ねたり、これからやろうとする事業に

どんなリスクが潜んでいるのか、


また、経営を軌道に乗せ計画の成功確率をさらに高めるためには、どんな視点や切り口で

考えていけばいいのか、といったことを一つ一つ整理したりしながらブラシュアップし、

全体をまとめていくという作業になります。


但し、この考え方はビジネスプランに限りません。

ベンチャーの創業も自分の人生をかける大変なイベントですが、あなたの住まいの買い替えも、

人生において大きな資金を必要とする事業計画です。

少し大げさかもしれませんが、これにあてはめて考えてみましょう。



例えば、満足のいく物件が購入でき、望み通りの暮らしを手に入れることはある意味、

「自分のライフプランの成功」になりますよね。


また一方で、購入資金を作るために専門家(業者)のアドバイスを受けながら、

売り出しの価格設定を練ったり、内見に備えてすみずみまで掃除をし、質問に備えて

精一杯のアピールポイントを考えたりと、これも言ってみれば、自分の事業に投資を

してもらったり、銀行から借入ができるようにステークホルダーに納得してもらい、

信頼関係を築くことに似ています。





さらに、買おうとする物件の住み心地や利便性はもちろんのこと、購入額やタイミング

そして今の住まいを売ろうとするときに、買い手に評価してもらうためのPR戦略や

メンテナンスなど、失敗しないように様々な点から考えていくことに通じると考えています。


これから何回かに分けて、私自身の経験を交えつつ、マンション買い換えのお話しを

しようと思います。ではまた。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 263

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧