2016年10月24日
伊藤亮太

専任媒介と一般媒介、どちらで売る方がよいのか?

伊藤亮太

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


不動産を売却するにあたり、通常は不動産会社に売却依頼を行います。その際に、専任媒介と一般媒介のどちらで依頼をすべきなのでしょうか。今回は、専任媒介と一般媒介の違いを説明するとともに、いずれの方が利点があるのか解説していきます。


■一社に依頼するか複数に依頼するか
専任媒介とは、不動産会社一社のみに依頼を行う方法になります。ただし、専任媒介には二種類あります。二種類とは、専属専任媒介契約と専任媒介契約です。専属専任媒介契約とは、不動産会社一社のみにお願いし、依頼者は自分で買い手を探すこともできません。一方、専任媒介契約も不動産会社一社のみにお願いする点は同じですが、依頼者は自分で買い手を探すことが可能です。そのため、自分で買い手を探した場合には、仲介を通すことなく取引を行うことができます。


一方、一般媒介とは、複数の不動産会社に依頼する方式です。そのため、専任媒介では、業者は一社となりますが、一般媒介では複数社にお願いすることができる点が大きく異なる点といえます。


■顧客を多く持つ不動産会社であれば専任媒介でお願いしたほうが有利かも
それでは専任媒介と一般媒介、いずれで売却を依頼する方がよいのでしょうか。これはその時々の状況によって異なるといってよいでしょう。


例えば、一社にお願いしたほうが真剣に探してくれる可能性が高いです。これは手数料が買主からも売主からも両方もらえることになるためです。そのため、売主の視点にたった情報提供や仲介を行ってくれることでしょう。こうしたお考えであれば専任媒介契約を締結する方がよいといえます。


ただし、注意点があります。それはどの不動産会社と契約を締結するかということ。望ましいのは、買い手候補となる顧客を多数抱える不動産会社と契約を締結すること。その地域ならではの状況を理解する不動産業者や取引の多い大手不動産会社が候補に挙がります。


一般媒介はどうでしょうか。一般媒介のメリットは、複数の業者に依頼できること。複数の業者に依頼すれば、買い手も多く見つかる可能性があります。なお、業者にとっては独占で取引できるわけではなくなるため、優先度合いは専任媒介契約には劣るといえます。


なお、あえて専任媒介契約を選ばないケースもあります。それは売りたい物件をあまり公表したくない場合です。専任媒介の場合、レインズという他社も見ることができる不動産情報サイトに登録をしなければなりません。そのため、あえて一般媒介での取引を希望し、一社のみにお願いするといった方法をとる場合もあります。


このようにそれぞれ一長一短ありますので、いずれで売却を依頼するかは、皆様の状況や考え方に応じて判断されるとよいでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 598

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧