2017年03月27日
伊藤亮太

ライフサイクルにあわせて家を購入・売却する方法とは

伊藤亮太

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


購入するか、賃貸でいくか。多くの方が悩む一つのポイントではないでしょうか。諸経費や税金などを考慮すれば、賃貸の方がよいという結論を出す方もいれば、資産として持ちたい意向が強い方は家を購入する選択肢を持つことでしょう。それでは家族ができてから購入したほうが良いのでしょうか。ここは悩むところです。そこで、ライフサイクルに合わせて家を購入、売却していく方法もある点を解説していきたいと思います。


■単身者でも家を購入することを検討するのは魅力があるかも
単身者の場合、賃貸でよいという方が多いかと思います。これは裏を返せば、単身者の方の多くは家を借りるということ。そこで、単身者でも家を買い資産として持つことは方法としてお勧めできる投資手法になります。


例えば、当初はご自身で住み、家賃同様、借り入れの場合には金融機関に支払いを行います。そして、結婚や子どもができるといった段階になった時に次の家を探します。この時に売却ないしは誰かに貸すという選択肢をとるのです。


皆が住みたいと思う地域であれば、すぐに借り手はつくことでしょう。また、買いたい人もでてくることでしょう。売却時の金額が、家賃を支払ったと考えた場合のトータルの金額を差し引いてもより高く売れるのであれば、買ってよかったということになります。また、その後貸し出した場合でも、継続して家賃収入が入ってくるならば新しい収入源が増えることになります。


こうした資金をもとに、次の家を探していきます。


■その後もライフプラン、リタイアメントプランに合わせて売却・貸出と同時に購入検討
その後も、ライフプランやリタイアメントプランに合わせて売却、貸出を検討します。そして次の家を購入します。こうすることで、自然と貸し出しの場合には家賃収入が入ってきますし、住むという観点からも家賃を支払うよりも得したと感じる方も多いかもしれません。


こうしたサイクルを描けるようになれば、何も不動産投資を行わなくても自動的に住む家を投資に回すことができる、売却して次の購入資金に充てることができます。


特に、お金をもっていたら使ってしまう人には有効な家の購入・売却・貸出手法になります。なぜならば、購入することで融資の場合には金融機関への支払いは必然的に生じますし、資産として残るため無駄遣いを減らせる可能性があるからです。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 445

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧