2017年04月08日
岩橋栄子

売買の仲介を行ってもらう不動産業者とのお付き合い

岩橋栄子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

こんにちは。岩橋栄子です。今回は、不動産を所有した場合に重要な不動産業者とのお付き合いについて確認していきましょう。




<大手業者は情報の入手先として活用する>
不動産の売買の仲介を行ってもらう場合、情報を入手しますが、
大手業者は情報の入手先として活用するのが賢い付き合い方と考えています。大手であれば不動産に関する情報をたくさん持っているからです。
但し、売買の仲介だけを売りにしている大手業者は管理や賃貸業務を行わない傾向がありますので、注意が必要です。
なぜなら、資産家の多くは、アパート経営について、借入額、返済可能額、利回りなど賃貸業務に関することを相談したいはずですが、大手業者との業務と合致しないこともあるからです。


<仲介手数料は交渉可能の場合もある>
また、売買で気にかかるのは、仲介手数料です。原則は、一定の金額以上の場合、売買価格の3%に6万円と消費税ということになっています。法的には確かにそのように定められていますが、この法規は仲介手数料の上限を示しているに過ぎません。金額が大きいだけに負担も重くなるので、業者とのお付き合い度や手間のかかり具合から交渉にのってくれる業者もあります。
更に、売買では、物件を専任で扱う専任契約というのがありますが、もちそん、双方にとってメリットはあると思いますが、そのような専任契約にせず、2~3社に仲介を依頼して競争させ、具体的にいつまでに何をするのか明確に約束させても良いかもしれません。


<信頼の出来そうな業者が決まるまでは資産売却の旨は黙っておく>
最後に、資産を売却したいとき、早々とその旨を言わないことです。不動産業者は手数料欲しさに、色々なところで公表してしまう場合があります。売り情報が市場に出回ると、様々な不動産業者から昼夜を問わず電話かかってきたり、自宅に突然訪問されたりしてストレスを感じることになります。また、「出回り物件」として敬遠される恐れがありますので慎重な対応を心掛けたいものです。
「知っている会社だから」「メディアでよく見かける業者だから」「ご近所だから」等の理由で仲介業者を選ぶのではなく、本当に信頼の出来そうな業者が決まるまでは注意をして付き合いましょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 318

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧