2018年08月01日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

だからトップ営業マンになれない?金消契約に立ち会う心理とは(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

>>1ページ目に戻る



「お客様の嫌われたくない」や「クレーム封じのため、人間関係を強化しておきたい」と思うあまり、本来は不動産営業担当の仕事とは呼べない範囲まで「サービスの押し売り」をすることになるのです。


そして、無意味なサービスに時間をとられて、肝心の営業活動が疎かになり、「忙し過ぎてなかなか営業成績が上がらない!忙し過ぎることが問題なのだ!」等と、見当違いも甚だしいことを口走る…そんな営業担当は大勢いらっしゃいます。


本日ご紹介したトップ営業担当の言葉「金消契約などローン関係の仕事は銀行に全部やらせるべきで、これら残務処理を一生懸命やっている営業担当は売れない」は、決してお客様を軽んじているのではなく、不動産のプロとして真のサービスとは何を考えながら仕事をするべきだ、と教えてくれます。


お客様が希望しておられる訳ではないサービスを押し売りし、お客様におもねる態度を取ることは、決して「お客様第一主義」ではないということなんでしょうね。




■本日の格言

・そのサービスは本当にお客様のためになるか考えろ!

・考えもなしに、おもねることはサービスではない!



「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」 記事一覧はこちら

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 895

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧