2018年09月19日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

「真の購入理由」を聞いたトップ営業の営業方法とは(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

>>1ページ目に戻る



このトップ営業担当は、前ページのように「真の購入理由」にたどり着いた後は、希望エリアや希望物件のヒアリングを行いません。


「真の購入理由」を満たす物件を全力で探しだし、営業担当側からお客様に対し「○○駅5分のところにあるマンションが、2,580万円で売りに出たので、この物件を検討してはいかがですか」と提案を行います。


つまり、お客様からお聞きした「最寄駅・広さ・間取り」の物件を探すのではなく、お客様の「真の購入理由」を聞き出し後は、「最寄駅・広さ・間取り」も営業担当自身が提案するという「逆パターン」で営業を行っていることになりますね。


このトップ営業担当曰く

客が買う家はこの俺が決める。客の条件は聞かない。しかし、なぜ家を買いたいかについては徹底的に聞き出す


なかなか高度なヒアリング能力と、豊富な物件情報が必要になる手法ですが、「不動産のプロ」を名乗る以上、このような提案手法こそあるべき姿なのかもしれません。


お客様の条件を「上っ面」だけ聞きだし、何回案内しても決まらず、結局は「他決」してしまう営業担当が多い中、このような営業手法をとれる営業担当は「格好良いなぁ」と思ってしまいます。




■本日の格言

・客の条件は聞くな!

・購入理由を徹底的に聞け!

・ただし、トップ営業担当であれば!



「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」 記事一覧はこちら

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 739

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧