2018年10月10日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

1週間以内に実施することで、歴然とした差が生まれる!?(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

>>1ページ目に戻る



なぜ、「1週間以内が理想」なのかと申しますと、両手成約の可能性を高めるためです。


物件を新規受託した際は、専属専任なら「5日以内」、専任契約でも「7日以内」にレインズに登録する義務があるため、のんびりしていてはレインズ登録日が到来してしまい、自社の販売活動が不十分であるにも関わらず他社の案内を受け入れざるを得ない状況になります。


つまり、スピーディに販売活動を行っていれば自社で買い主を見つけられるかもしれなかった物件であるにもかかわらず、泣く泣く他社の案内を受け入れ、せっかく受託した物件を「売り片手」で契約しなくてはならなくなるのです。


物件受託後スグに「既登録顧客への紹介」「ポスティング広告実施」「インターネット掲載」「オープンハウスや現地案内会開催」を実施し、それでも売れなかった場合は「売り片手、やむなし」と諦めることもできるでしょうが、後悔を残さないためにも、物件新規受託後の販売活動は丁寧かつスピーディに実施して下さい。


※上記、「物件新規受託後の販売活動について」は、専任以上での媒介受託時を想定しております。一般媒介の場合は「片手確保」が原則となりますので、一般媒介相受け業者のどこよりも早くレインズに登録しましょう。他の不動産会社があなたの会社から資料を取得し、あなたの会社を通じて買主様を紹介してくれる形を作ることが肝心です。自社の販売活動はレインズ登録後となります。


ただし、「一般媒介ではあるが1社のみへの依頼」の場合は、状況に応じて判断して下さい。




■本日の格言

・新規の物件受託後はスタートダッシュが肝心!

・1週間以内にやるべきことをやろう!



「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」 記事一覧はこちら

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 348

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧