2018年12月05日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

未来の売主に年賀状を送ることも大切な営業活動!(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

>>1ページ目に戻る



「え~。めちゃくちゃ面倒だなぁ。そんなことはしたくないなぁ」と思われたかもしれませんが、「売り物件さえあれば何とかなる」のが不動産業です。「未来の売り主様」に対するフォローは全力で行うべきだと、私は考えています。


不動産仲介営業担当者の中には「購入希望顧客」へ年賀状を書き、「今年こそは理想のお家をご紹介しますね」等と一言添えている方がいらっしゃいます。


素晴らしい!

素晴らしいことだと思います…が、「購入希望顧客」の多くは結局、物件の魅力で不動産を購入されます。いくら仲良くなっても「○○さんから買いたかったのだけど、他社さんの物件を気に入っちゃったからゴメンね」の一言で終わりです。


これは悔し過ぎます。

それなら、「気に入って貰える物件」を多く抱える物元業者になることを目指しましょうよ。


別に「購入希望顧客」への年賀状を無駄だとは言いませんし、それはそれで本当に素晴らしい営業姿勢だと思います。しかし、営業の仕事は「お金を稼ぐこと」です。


ならば、「お金を稼ぎやすい物元業者」になるため、「未来の売り主様」に対するフォローを厚くしませんか?


次回の記事では、「未来の売り主様」にどのような年賀状を書けば効果的なのかについて解説致します。




■本日の格言

・不動産オーナーには売りに出るまで、永遠に年賀状を書こう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 141

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧