2018年12月12日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

不動産営業担当はどんな内容の年賀状を出すべきか?

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

毎週水曜日配信

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術


もーう、いくつ寝ると、繁忙期ぃー。


不動産会社専門コンサルタント 梶本幸治さんが、デキる不動産営業の心得、成功している不動産会社の特徴を紹介します。


今回は前回に続いて、年賀状について取り上げます。正しい年賀状の内容について考察します。(リビンマガジンBiz編集部)




(画像=写真AC)



前回の記事「不動産営業担当は誰に年賀状を書けばよいのか?」では、「未来の売主様」である不動産所有者に年賀状を書きましょうと申し上げました。


今回の記事では、どんな内容の年賀状を書けばよいのか解説して参ります。


「どんな内容の年賀状を書けばよいのか」と申し上げましたが、まずは「こんな年賀状なら送らない方がマシ」な年賀状をご紹介します。


【送らない方がマシな年賀状】

・宛名書き:印刷又はラベル印刷

・内容:手書きのコメントなし。印刷のみ。


まぁ、わざわざ「こんな年賀状なら送らない方がマシな年賀状をご紹介します」って言うほどの情報ではなかったですね。この記事をご覧頂いている方のお家にも、元日には多くのダイレクトメール年賀状が届くと思います。そんな年賀状、ちゃんと目を通しておられますか?


見ないですよね?


自分自身が見ない年賀状と、同じような内容の年賀状を「未来の売り主様」である不動産所有者に送ってはいけません。

では、少し前置きが長くなりましたが、本題である「不動産営業担当はどんな内容の年賀状にすべきか?」について解説して参ります。


まずは宛名書きから。


宛名はもちろん「手書き」で書きましょう。宛名を手書きで書いている時間などないと仰る方も多いのですが、目を通して貰えない年賀状を1,000通送るくらいなら、不動産所有者の心に残る年賀状を100通送った方が効果的だとは思いませんか?


気持ちのこもらないモノを大量に発送し、結果として全てゴミになってしまうくらいなら、送付通数は少なくとも、将来的な案件に繋がる年賀状を送りましょう。


次に内容に関してですが、必ず手書きのコメントを一言添えて下さい。


添えるコメントですが、お一人お一人違うコメントを書いていくことがベストですが、さすがにそれは難しいですよね。


では、次のようなコメントを添えてみてはいかがでしょう。



>>2ページ目:正月明けから売上に繋がる!おすすめコメントとは(続き)


「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」 記事一覧はこちら

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 656

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧