2019年01月30日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

査定サイトの初動は「言葉のキャッチボール」をしない!?(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

>>1ページ目に戻る



ですから、一括査定サイト反響のお客様とは、初期対応の時点で「言葉のキャッチボール」をしようとしたら駄目なのです。


まずは端的に挨拶を済ませ、アポイントの獲得のみを目指すべきだと私は考えています。

様々なヒアリング等、「言葉のキャッチボール」は直接お目にかかった時にすべきなのです。


お電話では「取りつくしまもない」と感じたお客様でも、実際にお目にかかると真剣に売却を検討しておられることも多いので、とにかくまずは「お客様と実際に会うこと」に全ての力を注ぎこみましょう。


その点、九州の山本さんは「サクッとアポイントを取る」コツを掴まれたようです。

余計なことを話さず、アポイントだけを取り付けたらサッと引く…これこそが動産一括査定サイトからの反響後、まず行う営業活動であると覚えておいて下さい。




■本日の格言

・査定サイト反響に言葉のキャッチボールはいらない。アポまで一直線に進め!

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 700

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧