2019年02月06日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

不動産営業に通じる松下幸之助の至言(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

1ページ目に戻る



他のクライアント先で「梶本さん、このお客様は何回電話しても繋がらないのです」との台詞を聞くと、脊髄反射的に「何回電話しました?」と聞いてしまう私も、山本さんから「梶本さん、このお客様は何回電話しても繋がらないのです」と言われた場合のみ、「あっそうですか。山本さんが電話して繋がらないなら、誰が電話しても繋がらないでしょうね」と言ってしまいます。


それくらい徹底した追客が必要だと認識して下さいね。


かの、松下幸之助さんは次のような言葉を残されたそうです。

「成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことだ」


これを不動産一括査定の電話追客に当てはめて考えると、次のようになりますね。

「電話が繋がるコツは電話が繋がるまでかけ続けることで、電話が繋がらないとは繋がるまでかけ続けないことだ」


大手不動産仲介会社の中には、一括査定サイトからの反響顧客に電話を掛け続けるため、コールセンターを設置しようとする動きも出ていると聞きます。


地域密着型の少数精鋭型不動産会社では、コールセンターの設置などは難しいですが、このような大手の動きに対抗するためには「査定書送付までに10~15回。査定書送付後、10~15回」を必ず実施して下さい。


私は「大の精神論嫌い」ですが、この点に関しては少し気合をいれてやりきって下さることを期待します。




■本日の格言

査定書送付までに10~15回。査定書送付後、10~15回、電話を掛けろ!異論は認めない。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 845

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧