2019年04月03日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

「買いから入る買付営業」に関する解説|【売り】から入る不動産買付営業②

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

【シリーズ・【売り】から入る不動産買付営業②】


不動産仕入れ理論の第一人者である梶本幸治さんが、デキる不動産営業の心得、成功している不動産会社の特徴を紹介します。


営業目標数字は「売り」から入れ!が持論の梶本氏が、その理論を解説してゆきます!第2回目の今回は、なぜ「買い」から入る買付営業が難しいのか紹介していただきます。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=写真AC


今回の記事では、「買いから入る買付営業」に関する解説を行います。前回の記事の中で「買いから入る買付営業」を次のように定義付けさせて頂きました。


エリア内の物件情報(業物・先物含む)を取扱い、その圧倒的情報量で買い反響を獲得する。獲得した買い反響顧客に対しては、絶えず物件情報を提供し続ける形で追客する。又、営業担当からの追客以外にも顧客管理システムの活用等により、「希望物件マッチングメール」等を配信し、「人力」と「システム」の両面から追客し成約を目指す。


では、「買いから入る買付営業」の具体的な流れから見てゆきます。ちなみにこれからご紹介する買付営業の形は、私が「お勧めしていない営業手法」です、その点をご理解頂いた上でご覧ください。


①相場勘を養う

※エリア内に業物(先物)を実際に確認し、エリア内の業者訪問を積極的に行うなどして、エリア内物件情報(相場勘)に精通しましょう。又、他社のチラシやネット情報も頻繁に確認し「エリア内の売れ筋物件」を絶えず確認しましょう。

②広告(ネット)掲載物件収集

※ポータルサイトや自社ホームページ、チラシ等に掲載出来る物件情報を収集します。レインズ未登録物件が最適ですが、売れ筋の物件情報収集に力を尽くしましょう。

③広告作成・ネット入力

※紙広告掲載物件は「自社売主物件・直物件」を優先するのではなく、例え業物であっても「売れ筋物件」を優先して下さい。ネットは出来るだけ多くの物件を掲載出来るように努めましょう。

④問い合わせ獲得

※問い合わせ獲得後は、来店へ誘導して下さい。物件の案内がベストですが、「ローンのシミュレーションをしませんか?」等、様々な手法を用いて来店を促すようにしましょう。

⑤顧客案内

※初回案内時は即決を目指すのではなく、「二回目案内での成約」に向けた布石を打つようにしましょう。敢えて「今日は決めないで下さい」と事前に伝える事も効果的です

⑥クロージング

クロージングを焦ってはいけません。「お客様が気に入っていない物件を、営業力で何とか決めてやろう」という態度は厳禁です。

⑦買付取得

※親・知人・占い師等、他に相談する人がいないか必ず確認の上、焦らずに買付を取得して下さい。

⑧売主交渉

※可能であれば元付業者に対しては「買い上がりの幅」等、交渉条件をある程度伝え、交渉がスムーズに進むよう手配して下さい。

⑨契約準備

※重説・契約書等は通常、元付業者が作成しますが、買方業者としても、元付業者の重説・契約書を鵜呑みにせず、自らも基本的な事柄に関しては調査して下さい。

⑩契約

契約後のお客様に対しては、過度なサービス行う必要はありませんが、今後「紹介」を頂く為にも、適度に連絡を入れた方が得策です。

⑪追客

成約に至らなかった顧客は長期追客となります。購入希望のお客様は媒介契約書でくくる事が出来ません。従って安定した業績を上げる為には、多数の購入希望客を抱え、自社の「顧客リスト」に登録する事が必要です。そして登録顧客へは物件情報を湯水のように提供し、お客様がリアクションを示された場合は、再度案内へ誘導します。


どうでしょうか?

全ページでご紹介した流れは一般的な買付営業の手順だと思います。

しかし、この流れを実際の営業現場で行う事は難しいはずです。


▶オーソドックスにみえる買付営業だが...なぜ難しいのか?

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 952

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧