2019年05月15日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

【Step4】物件周辺へのポスティング広告|【売り】から入る不動産買付営業⑦

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

【シリーズ・【売り】から入る不動産買付営業⑦】


不動産仕入れ理論の第一人者である梶本幸治さんが、デキる不動産営業の心得、成功している不動産会社の特徴を紹介します。

営業目標数字は「売り」から入れ!が持論の梶本氏が、その理論を解説してゆきます!シリーズ第7回目の今回は、step4にすすみます。実は奥深いポスティングについて考えましょう。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=写真AC



この「【売り】から入る不動産買付営業」では、ここまで受託前から受託後の既存顧客への紹介までを解説して参りました。


今回の記事からはいよいよ、具体的な販売活動のお話を致します。


【Step1】媒介受託前に準備しておくべき事 ←平成31年4月17掲載

【Step2】媒介受託時の考え方と売り主との折衝について ←平成31年4月24日掲載

【Step3】既登録顧客への紹介 ←令和元年5月8日掲載

【Step4】物件周辺へのポスティング広告 ←今回はココ!

【Step5】ポータルサイト等、ネットへの物件掲載

【Step6】オープンハウスや現地案内会開催

【Step7】顧客案内時の注意点

【Step8】案内後のクロージングに関する注意点

【Step9】商談不調に終わった買客への対応法

【Step10】売主への価格交渉と契約準備

【Step11】成約後に行うべき営業活動とは?


今、不動産の買い集客手法はインターネットがメインであり、チラシはもう「過去のモノ」との声も聞こえますが、まだまだそのような事はございません。


確かに購読者の減った新聞折り込み広告では反響は期待できないかも知れませんが、ポスティング広告は未だに有効な広告手法です。


特に媒介受託直後の、営業担当者による物件周辺へのポスティング広告は「早期に且つ高値」で売却するためには、絶対に必要な広告活動です。


「絶対に必要なんて…極端な表現を使うなぁ」と思われたかも知れませんが、「早期に且つ高値」での売却を目指すなら、物件周辺への営業担当者自らによるポスティング広告は【絶対】に必要です。


では、ここで質問です。

ある物件が売りに出された時、その物件を一番高値で買ってくれる可能性が高い人は誰でしょうか?


一番高値で買う...?可能性が高いのは....

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 984

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧