2019年10月09日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

売り主の「売る気は無いが、価格を知りたかった」を鵜呑みしてはいけない理由

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

覚えて頂きたい事は、売る気がある売り主様でも、売る気が無い売り主様でも、どちらも最初は「売る気がなさそうな雰囲気」でやって来るという事です。


あなたが洋服を買いに行く際、店員さんから声を掛けられるのが嫌だなと思えば「私はひやかしですよ。私は服なんか買いませんよ」という顔をしませんか?しますよね?


【私は服が買いたい!思いっきり服が買いたい!今すぐ服が買いたい】なんて宣言して、洋服屋さんに行く人なんていません。売り主様も同じ心理状態だとは思いませんか?


それを「売る気は無いが、価格を知りたかった」売り主様の言葉を鵜呑みにし、追客の手を緩めるなんて不動産営業担当者失格です!いや、不動産営業どころの話ではなく、対人折衝を伴う仕事には、根本的に向いていない可能性すら感じます。


1歩譲って・・・

いや、10歩譲って・・・

いやいや、100歩くらい譲って・・・

本当に「売る気が無い」売り主様だったとしましょう。


しかし、相場2000万円程度の物件が、3億円で売れるとしたら、その売り主様も売る気になるのでは無いですか?極端な例をお示ししましたが、結局、儲かるなら売るのです。


その「売っても良いライン」が売り主様によって異なるだけです。


不動産営業担当者の仕事は、一見、売る気がなさそうな顔をしておられる売り主様から、真の売却理由を聞き出し、的確な売却提案をすることです。

もう二度と、「このお客様は追客していません。売る気は無いが、価格を知りたかったとおっしゃっていたからです」なんて恥ずかしいセリフを口にしないで下さいね。



POINT

・全ての売り主は、「売る気が無さそうな雰囲気」でやって来る。



最初から読む
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 381

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧