2019年12月04日
梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

不動産売り主向けDM 角形2号封筒は開封率が高い

梶本式:売買仲介のための不動産仕入れ理論入門

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

ごにゃごにゃと細かい説明は横に置いておくとして、結論から申し上げますね。


ダイレクトメールを封入する封筒は「角形2号封筒(かくに)」を用いるようにして下さい。


私のクライアント先で実施して頂いた結果から見ますと、長形3号封筒(ながさん)を用いたDMと、角形2号封筒(かくに)を用いたDMでは、その反響率に大きな差が出ました。


画像=写真AC

角形2号封筒(かくに)の圧勝でした。


我々、不動産業界の人間は妙に純粋(?)なところがあるようでして、「送ったDMは必ず封を開けて読んで貰えている。」と思いがちですが、DMなんてものは基本的に「封も切らずにゴミ箱行き」と考えるべきなのです。


その「封も切らずにゴミ箱行き」を回避するために様々な手法を試していくわけですが、この角形2号封筒(かくに)を用いるという手法も、開封率向上策の一つです。


同じ角形2号封筒(かくに)でも、区分マンション所有者全員に送るDMと、空地空家所有者に送るDMでは少し変化をつける必要がありますし、都心部と郊外では又、変化をつける必要があります。

単に角形2号封筒(かくに)を用いるだけではまだ不充分なのです。


では、角形2号封筒(かくに)でどのような差を付けることが出来るのか…

それに関しては、私の有料コンサルメニューの一つなので、ここで公開は出来ませんが、「ダイレクトメールの封筒ごときと侮るなかれ」でして、こんな細かい部分に気を配ることにより、大きな差が生まれることを理解して下さい。



追伸

少し宣伝させて頂くと、私の仕入れコンサルは月額35万円(税別・交通費別。令和元年12月4日現在)です。この「角形2号封筒(かくに)でどのような差を付けることが出来るのか…」の答えも含めて、様々な仕入れノウハウをお伝えいたしますので、前向きにご検討いただける方は是非、お問い合わせください。


「月額35万円は、ちょっと出せないなぁ」とおっしゃる不動産会社様は是非、リビン・テクノロジーズさんで2019 年 11 月 15 日からサービスを開始された不動産実務担当者向け e ラーニングサービス「不動産一括査定サイト 受託率向上講座」のを受講して下さい。

私、梶本がコンテンツを作成させて頂きました。


POINT

・角形2号封筒(かくに)を使おう!


最初から読む

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 263

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧